緑・グリーンのスタジャン(2色以上)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

「スタジアムジャンパー」の略です。元々はスポーツ選手の上着で、胴の部分と腕の部分で色が違い、また胴がウールで腕が革であることが多いです。左胸にはチームのロゴマークがついています。このジャケットを着ると少年のようなかわいいカジュアルな印象になり、メンズのファッションアイテムでは人気の高い商品の一つです。スタジャンの着こなし方は、足元は必ずスニーカーを合わせてください。インナーはプリントTシャツやパーカー、ボトムスはチノパンやデニムで全体をアメカジ風にコーディネートするとオシャレになります。 緑は明るすぎず、鮮やかすぎない色でありながら、男性が着る色としてはそこまで一般的ではないため、手ごろに手を出しておしゃれな雰囲気になる色です。

スタジャンパーカーコーデ

Small
BASECONTROL 緑・グリーン スタジャン(2色以上)
コーディネートのポイント
えりがたっていないブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。スタジャンはこの条件を満たしたブルゾンのため、スタジャンの王道コーデであるデニム、スニーカー合わせのコーデにパーカーを差し込みます。スタジャンは少年っぽさがあるアイテムのため、フードつきのパーカーも合わせて、若く元気に見えるスタイルです。元気な雰囲気の人、背が低めの人に合います。逆に「ガリ勉」、「真面目」、「草食系」といった雰囲気の人には似合いません。デニムの代わりにチノパンでも問題ありません。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。緑色を引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンとクルーネックニットの暖かコーデ

Small
BASECONTROL 緑・グリーン スタジャン(2色以上)
コーディネートのポイント
スタジャンの多少可愛い雰囲気に、クルーネック(丸首)ニットの優しい雰囲気を合わせたコーディネートです。パンツはスタジャンと相性がいいジーンズで合わせ、シューズはワークブーツで男らしく合わせることでコーディネート全体のバランスを取ります。
色については、インナーから外に向けて暗くしていくと収まりがよくなります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンのスウェット合わせ

Small
BASECONTROL 緑・グリーン スタジャン(2色以上)
コーディネートのポイント
スタジャンの中には襟付きシャツもいいですが、個人的にはTシャツやスウェットやセーターといった襟がないもので合わせるコーディネートの方がおしゃれだと思います。今回はスウェットで合わせるコーディネート。パンツはテーパード型のパンツと合わせて、スウェット+スタジャンという重めのトップスに対してスッキリさせて、足元はローカットスニーカーかブーツで合わせるのがポイントです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。緑色を引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

気取ってなく見せたい、ちょっとそこまで用

Small
BASECONTROL 緑・グリーン スタジャン(2色以上)
コーディネートのポイント
スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーとオールカジュアルアイテムでのコーディネートです。きれい目コーディネートが好きではなく、なるべくゆるっと、気を使っていない風に見せたい人にオススメです。
色については、アウターのグリーンとパンツのネイビーは相性がいい色の組み合わせです。また、パンツのネイビーとシューズの茶色も相性がいい色の組み合わせですから、全体的にバランスのいいカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンチノパンパーカー差し込み

Small
BASECONTROL 緑・グリーン スタジャン(2色以上)
コーディネートのポイント
トップスがスタジャン(=ブルゾン)だけだと多少男らしいところ、フードつきのパーカーが加わっている分、「可愛い」コーディネートになります。スタジャンだけだといかつく見える人、もっと柔らかさ、可愛さを出したい人におすすめです。 パーカーを挟むので、スタジャンのボタンは閉じずに、前は開いて着ましょう。
色について、緑と青は相性がいい色の組み合わせですし、パンツの青とシューズの茶色もお洒落な色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る