濃い紫のスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツ系ジャケットはテーラードジャケットの中でも、スーツの上で着るものと同じようなデザイン、素材、形のキレイめなジャケットです。スーツのジャケットとの違いとしては、こちらの方が肩パットが入っていなく、ツヤがなく、素材感がスーツ生地ではない=ごわっとしていたり、逆にテロテロだったりします。コーディネートにおいては、ジャケットのキレイ目さを生かして、ニットベストや無地シャツなどキレイ目なアイテムと組み合わせるのが相性が良いコーディネートです。スラックスや短靴、ローファーでキレイ目に合わせましょう。紫はグレーや黒と相性がいい色です。濃い紫であれば、グレーでもより濃いチャコールグレーがとりわけ合います。この色を着ようと思える時点で、ある程度オシャレ、ファッションに興味がある人といえます。

濃い紫のスーツ系ジャケット(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 濃い紫 スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
ジャケットがキレイ目(スーツ系ジャケット)なので、インナーはシャツを持ってきますが、パンツをデニムやチノパンにすることでカジュアルダウン。靴は、男らしく見せたいならワークブーツ、キレイ目に見せたいなら短靴やチャッカブーツで合わせます。この種類のジャケットとスニーカーは合いませんので、避けましょう。
色については、パンツに対して、同じ系統の色でより濃い色の靴が合うというルールがあるため、ベージュのパンツに対して茶色の靴で合わせています。

濃い紫のスーツ系ジャケット(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る