白のチノパン・綿パンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。白は爽やかさ、クリーンなイメージを与えます。また、暗い色を多く使いがちのメンズファッションで、ポイントで1箇所使うことで、カラーコーディネート全体が重くならず「抜け感」を与えることができます。

白のチノパン・綿パン(ハーフ(短パン), 総柄)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ウィゴー 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
無地のポロシャツに柄のパンツを合わせる、ちょっと可愛いコーディネートです。無地ポロシャツが一般的なよく見かけるアイテムである分、パンツも無地のフルレングスパンツで合わせると平凡な雰囲気になってしまいますので、パンツは柄モノにしたうえで、ポロシャツとの相性を考えてハーフ丈のパンツで合わせます。
紫と白だけで合わせた、紫の要素がオシャレで、白のパンツが自分に自信があるように見えるカラーコーディネートです。

白のチノパン・綿パン(ハーフ(短パン), 総柄)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(無地, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
トップスがスタジャン(=ブルゾン)だけだと多少男らしいところ、フードつきのパーカーが加わっている分、「可愛い」コーディネートになります。スタジャンだけだといかつく見える人、もっと柔らかさ、可愛さを出したい人におすすめです。 パーカーを挟むので、スタジャンのボタンは閉じずに、前は開いて着ましょう。
青と薄い黄色は相性がいい色の組み合わせです。白パンとあいまって、オシャレ好きな人に見えるカラーコーディネートです。

白のチノパン・綿パン(無地, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(無地, ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ハイダウェイ ニコル 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ギラギラワイルドというよりは、爽やかでこじゃれた雰囲気を出したい人を対象としたコーディネートです。 麻のベストにシャツ、短靴ときれい目のアイテムで合わせたコーディネートです。パンツはハーフパンツ(ショーツ)かクロップドパンツなどの肌が露出するパンツか、フルレングスパンツであればすそをまくって履きます。帽子をかぶることに抵抗が無い方は白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるとよりこじゃれた感じになります。
青と薄い黄色は相性がいい色の組み合わせです。白パンとあいまって、オシャレ好きな人に見えるカラーコーディネートです。

白のチノパン・綿パン(無地, ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Small
エディフィス 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
モッズコートにVネックTシャツとエンジニアブーツを合わせることで、モッズコートが持つ「男らしい系アイテム」という属性と「モード系アイテム」という属性のうちの男らしい方にふれたコーディネートになります。 帽子をかぶることに抵抗がない、オシャレな人は黒のハットをかぶるのもアリです。
青と薄い黄色は相性がいい色の組み合わせです。白パンとあいまって、オシャレ好きな人に見えるカラーコーディネートです。

白のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
マインドブロウ 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
デッキジャケットは男らしい、無骨系アイテムであるミリタリーアイテムですので、UネックやVネックのTシャツ、デニム、ブーツと男らしいアイテムで合わせました。また、とりわけデッキジャケットと黒、グレーのTシャツは似合う服の組み合わせです。パンツはチノパンで合わせるのもOKです。
青と茶色は相性がいい色の組み合わせです。

白のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(迷彩, フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ハルハム 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
N-3Bは男らしい、無骨の属性を持つミリタリーアウター。したがって、インナーには同じく無骨系アイテムである胸元が空いたUネックのカットソーやデニム・チノといったカジュアルで素材が固めのパンツ、靴は男らしいエンジニアブーツと合わせます。季節が寒い時期のアイテムのため、男らしさをもとめつつ防寒効果で丸首Tシャツでも大丈夫です。
ネイビーと濃いピンクは寒色と暖色の組み合わせのため、相性のいい色の組み合わせです。パンツは白で色を抜き、靴はネイビーと相性がいい茶色で合わせたオシャレな色の組み合わせです。

白のチノパン・綿パン(迷彩, フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(無地, クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード レリューム 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ギラギラワイルドというよりは、爽やかでこじゃれた雰囲気を出したい人を対象としたコーディネートです。 麻のベストにシャツ、短靴ときれい目のアイテムで合わせたコーディネートです。パンツはハーフパンツ(ショーツ)かクロップドパンツなどの肌が露出するパンツか、フルレングスパンツであればすそをまくって履きます。帽子をかぶることに抵抗が無い方は白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるとよりこじゃれた感じになります。
青と薄い黄色は相性がいい色の組み合わせです。白パンとあいまって、オシャレ好きな人に見えるカラーコーディネートです。

白のチノパン・綿パン(無地, クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(フルレングス, テーパード, ストライプ)のメンズコーディネート・着こなし

Small
フォーティーカラッツアンドゴーニーゴ 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
今回は無地のカーディガンに無地のインナーを合わせます。Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。基本的にファッションにおいて「柄」は「可愛い」要素です。(最も可愛いのは水玉で、その次にギンガムチェック等) 逆に無地だと「落ち着いた」「男らしい」印象を与えます。今回は靴をスリッポンにすることで、スニーカーで合わせるよりもさらにオシャレな、気取った雰囲気を出します。
青と薄い黄色は相性がいい色の組み合わせです。白パンとあいまって、オシャレ好きな人に見えるカラーコーディネートです。

白のチノパン・綿パン(フルレングス, テーパード, ストライプ)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ヴァンキッシュ 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
無地のポロシャツに柄のパンツを合わせる、ちょっと可愛いコーディネートです。無地ポロシャツが一般的なよく見かけるアイテムである分、パンツも無地のフルレングスパンツで合わせると平凡な雰囲気になってしまいますので、パンツは柄モノにしたうえで、ポロシャツとの相性を考えてハーフ丈のパンツで合わせます。
色については、「緑系統色+白」だけで統一されたオシャレなカラーコーディネートです。

白のチノパン・綿パン(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(無地, クロップド(半端丈), テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ザ・ダファー・オブ・セントジョージ 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
モッズコート(M51ともいいます)のように丈が長いトップスは、クロップドパンツ等の、ハンパ丈のアイテムと合わせると長さのバランスがとれます。また、モッズコートは男臭いアイテムでもあるので、ブーツと合わせるのが鉄板のコーディネートです。キーワードとしては、ヒゲ、黒のハット、タバコ、等が似合います。気だるい、かったるそうな雰囲気を醸し出します。
青と薄い黄色は相性がいい色の組み合わせです。白パンとあいまって、オシャレ好きな人に見えるカラーコーディネートです。

白のチノパン・綿パン(無地, クロップド(半端丈), テーパード)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Small
セマンティックデザイン 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
デニムシャツを外に着る場合、中はタンクトップ、ヘンリーネック、胸元が空いたTシャツ等、無骨めに合わせます。今回はパンツをフルレングスではないパンツと合わせた上で、足下はキレイ目に短靴を合わせるスタイルです。
青と薄い黄色は相性がいい色の組み合わせです。白パンとあいまって、オシャレ好きな人に見えるカラーコーディネートです。

白のチノパン・綿パン(クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(無地, クロップド(半端丈), スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ショップコートにシャツを合わせるスタイルです。ショップコートは丈が長いアウターのため、Vラインのシルエットを作るためにパンツは細身かハンパ丈にするのが望ましいアイテムです。今回は、ハンパ丈である七分(クロップド)パンツと合わせます。インナーのシャツがキレイ目アイテムのため、これに合わせて靴はおなじくキレイ目アイテムの短靴やローファーで合わせましょう。また、ショップコート自体が、ハンパ丈アイテム=防寒とは関係ないアイテムのため、わざわざ着ている感があり、結果として「オシャレ好き」な人に見える効果があります。
青と薄い黄色は相性がいい色の組み合わせです。白パンとあいまって、オシャレ好きな人に見えるカラーコーディネートです。

白のチノパン・綿パン(無地, クロップド(半端丈), スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

白のチノパン・綿パン(迷彩, クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ハルハム 白 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
暖かい季節にシャツをカジュアルに着こなすスタイルです。中にTシャツやタンクトップ、パンツはクロップドパンツで少し可愛く、靴は七分のクロップドパンツに合わせてハイカットのスニーカーで合わせるとバランスがいいコーディネートになります。
青と薄い黄色は相性がいい色の組み合わせです。白パンとあいまって、オシャレ好きな人に見えるカラーコーディネートです。

白のチノパン・綿パン(迷彩, クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る