デニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デニムパンツ、ジーンズ、Gパンと色々な呼び方をします。デニムのブランドも数多くあり、男性の中でも人気の高いファッションアイテムです。だいたいどんな服とでも合わせられるこのジーンズですが、トップスにもデニムを持ってくるデニムonデニムは避けたほうがいいでしょう。コーディネートする際には、デニムとシャツが同色の場合オススメできません。ジーンズのコーディネートでは男らしく着こなしたり、カジュアルな着こなしなど様々な着こなし方が出来てとても重宝します。

明るい青のデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
ティーケー 明るい青 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
色については、ミントグリーンと薄いブルーは相性のいい色の組み合わせです。

明るい青のデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

黒・ブラックのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
アトモス 黒・ブラック デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンは、そのナイロンという素材から、スポーティーでカジュアルなアイテムなので、靴はスニーカーで合わせます。また、カジュアルテイストで統一するため、インナーはTシャツ、パンツはデニムで合わせました。どちらかといえば男らしいテイストの人に合うコーディネートです。
色については、紫は黒と相性がいい色ですので、このように色を合わせます。靴はアウターの色の濃さを意識して、同じく濃いめの茶色で合わせます。

黒・ブラックのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

チャコールグレーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ チャコールグレー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
暗目のスタジャンは、2色以上のカラフルな普通のスタジャンと違い、いわゆるスタジアムジャンパーというよりは、男らしいアイテムとなります。したがって、同じように無骨なアイテムと合わせます。とりわけ暗い色のスタジャンは男臭い人(ヒゲ、タバコ、オラオラ系等。ファッション誌「ROOD」のテイスト)に似合います。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

チャコールグレーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

グレーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
ゼロバイトルネードマート グレー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
暗目のスタジャンは、2色以上のカラフルな普通のスタジャンと違い、いわゆるスタジアムジャンパーというよりは、男らしいアイテムとなります。したがって、同じように無骨なアイテムと合わせます。とりわけ暗い色のスタジャンは男臭い人(ヒゲ、タバコ、オラオラ系等。ファッション誌「ROOD」のテイスト)に似合います。
色については、ネイビーと茶色は相性がいい色の組み合わせです。また、ネイビーと濃いピンクは寒色と暖色の組み合わせのため、オシャレな色の組み合わせです。

グレーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
ティーケー 青・ブルー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ニットのアウターであるショールカラーカーディガンという鉄板のモテアイテムが持つ優しい雰囲気に、インナーパンツ靴を男らしく合わせることで、「優しさ」と「男らしさ」がミックスした極めて(大半の)女性ウケがいいコーディネートになります。
色については、インナーを白、他を青系統の色で統一したクールで爽やかなカラーコーディネートです。

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

白のデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
ニコルクラブフォーメン 白 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンは、そのナイロンという素材から、スポーティーでカジュアルなアイテムなので、靴はスニーカーで合わせます。また、カジュアルテイストで統一するため、インナーはTシャツ、パンツはデニムで合わせました。どちらかといえば男らしいテイストの人に合うコーディネートです。
紫のシャツに白パンツと、「ザ・オシャレ好き」な人に見えるなカラーコーディネートです。

白のデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
ハイダウェイ ニコル ベージュ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ニットのアウターであるショールカラーカーディガンという鉄板のモテアイテムが持つ優しい雰囲気に、インナーパンツ靴を男らしく合わせることで、「優しさ」と「男らしさ」がミックスした極めて(大半の)女性ウケがいいコーディネートになります。
色については、パンツに対して、同じ系統の色でより濃い色の靴が合うというルールがあるため、ベージュのパンツに対して茶色の靴で合わせています。

ベージュのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
トップスがスタジャン(=ブルゾン)だけだと多少男らしいところ、フードつきのパーカーが加わっている分、「可愛い」コーディネートになります。スタジャンだけだといかつく見える人、もっと柔らかさ、可愛さを出したい人におすすめです。 パーカーを挟むので、スタジャンのボタンは閉じずに、前は開いて着ましょう。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

マリンブルーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース マリンブルー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
暗目のスタジャンは、2色以上のカラフルな普通のスタジャンと違い、いわゆるスタジアムジャンパーというよりは、男らしいアイテムとなります。したがって、同じように無骨なアイテムと合わせます。とりわけ暗い色のスタジャンは男臭い人(ヒゲ、タバコ、オラオラ系等。ファッション誌「ROOD」のテイスト)に似合います。
色については、マリンブルーとワインレッドは「青系統にも緑系統にも近い色」と「赤系統に近い色」のため、そもそも青と赤、そして緑と赤が相性がいい色の組み合わせのため、これらも相性がいい色の組み合わせといえます。

マリンブルーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

カーキのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
アーバンリサーチドアーズ カーキ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
色について。アウターのグレ—は無彩色のため、インナー以下を有彩色3色以内で抑えていて、下に行くに連れて色が暗くなる、収まりのいいカラーコーディネートです。トップスがグレ—、青と雲と空の色、パンツ、靴が大地の色を表しています。

カーキのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

ピンクのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe ピンク デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ドンキーコートは「可愛い」(少年っぽい)く見える効果があるアイテムのため、同じく可愛い属性のアイテムであるスニーカーと相性がいいアウターです。カジュアルに、ジーンズやチノパン、カットソーと合わせます。中にセーターやカーディガンを着ることで、暖かさを調整しつつ、コーディネートの色あいを豊かにできます。
色については、寒色のネイビーと暖色のピンクを合わせたオシャレな色の組み合わせです。また、ネイビーと茶色もオシャレな色あわせですから、靴は茶色で合わせます。

ピンクのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

水色のデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード 水色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
柄シャツを着る場合、インナー・ボトムスは無地が鉄則です!ボトムスはフルレングスでもいいですが、その場合ロールアップして春夏っぽい抜け感を出しましょう。とことん季節感を出すなら、やはりハーフパンツ!靴もエスパドリーユやスリッポンで素足感を出すと爽やかになります。
色について、オレンジと水色は相性抜群のカラーコーディネートです。

水色のデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ワインレッドのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
ニコルクラブフォーメン ワインレッド デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ダウンベストとショールカラーカーディガンは似合う服のコーディネートです。また、ショールカラーカーディガンのニット特有の優しさを演出する事も出来ます。パンツはデニムやチノで合わせてもOKですし、コーデュロイパンツで合わせると季節感が出ます。
ワインレッドのパンツが目立つように、他の色を暗めのトーンで合わせたカラーコーディネートです。また黒とワインレッドは相性抜群のカラーコーディネートです。

ワインレッドのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

うぐいす色のデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
インプローブス うぐいす色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ドンキーコートは「可愛い」(少年っぽい)く見える効果があるアイテムのため、同じく可愛い属性のアイテムであるスニーカーと相性がいいアウターです。カジュアルに、ジーンズやチノパン、カットソーと合わせます。中にセーターやカーディガンを着ることで、暖かさを調整しつつ、コーディネートの色あいを豊かにできます。
ネイビーと茶色は相性がいい色合わせです。

うぐいす色のデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

赤のデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Small
ニコルクラブフォーメン 赤 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
柄シャツを着る場合、インナー・ボトムスは無地が鉄則です!ボトムスはフルレングスでもいいですが、その場合ロールアップして春夏っぽい抜け感を出しましょう。とことん季節感を出すなら、やはりハーフパンツ!靴もエスパドリーユやスリッポンで素足感を出すと爽やかになります。
寒色の水色に対して暖色の赤を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。ただし、はっきりした色を上下で使っているので、「オシャレに見られたい、他の人と違うと思われたい」欲求が強い人でないとなかなか着こなせません。(逆に、そういう方には似合ういます)

赤のデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る