青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デニムパンツ、ジーンズ、Gパンと色々な呼び方をします。デニムのブランドも数多くあり、男性の中でも人気の高いファッションアイテムです。だいたいどんな服とでも合わせられるこのジーンズですが、トップスにもデニムを持ってくるデニムonデニムは避けたほうがいいでしょう。コーディネートする際には、デニムとシャツが同色の場合オススメできません。ジーンズのコーディネートでは男らしく着こなしたり、カジュアルな着こなしなど様々な着こなし方が出来てとても重宝します。青・ブルーは寒色の代表色で、暖色の代表色である赤・レッドと相性がいい色です。明るければ爽やかな、暗ければクールな印象を与えます。

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ティーケー 青・ブルー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンは、そのナイロンという素材から、スポーティーでカジュアルなアイテムなので、靴はスニーカーで合わせます。また、カジュアルテイストで統一するため、インナーはTシャツ、パンツはデニムで合わせました。どちらかといえば男らしいテイストの人に合うコーディネートです。
色については、青系色と白であわせた爽やかなカラーコーディネートです。

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード レリューム 青・ブルー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
半袖シャツといえば夏に大活躍するアイテムの一つ!ボトムスはフルレングスはもちろん、シャツが品の良さをキープしてくれるのでハーフパンツでも難なく着こなすことが出来ます。Tシャツ&ハーパンはラフ過ぎると感じる方には特にオススメ◎ 足元は夏らしく抜け感のあるシューズをチョイスしましょう。
色については、無彩色に有彩色を1色合わせるのはオシャレな色使いです。その無彩色が黒の場合、クールで大人なオシャレの印象を与えます。

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ 青・ブルー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ラガーシャツといえば元々がラグビー選手のユニフォーム由来ということもあり、スポーティで少年ぽい印象になります。もっぱら春夏向けのアイテムで、ボトムスはハーフパンツを合わせるのが鉄板です!靴下ははかずに、デッキシューズ等、ローカットのカジュアルな靴と合わせます。ローファーを履けばプレッピーに着こなすことも出来ます!
トップスとシューズに白を持ってくることでパンツは何色でも合わせることができます。ここではブルーのパンツを合わせています。色のバランスから、パンツが目立ちます。

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース 青・ブルー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
色については、青系色と白であわせた爽やかなカラーコーディネートです。

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, サルエル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
iroquois 青・ブルー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
半袖シャツといえば夏に大活躍するアイテムの一つ!ボトムスはフルレングスはもちろん、シャツが品の良さをキープしてくれるのでハーフパンツでも難なく着こなすことが出来ます。Tシャツ&ハーパンはラフ過ぎると感じる方には特にオススメ◎ 足元は夏らしく抜け感のあるシューズをチョイスしましょう。
トップスとシューズに白を持ってくることでパンツは何色でも合わせることができます。ここではブルーのパンツを合わせています。色のバランスから、パンツが目立ちます。

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, サルエル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース 青・ブルー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
色については、青系色と白であわせた爽やかなカラーコーディネートです。

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ギルドプライム メンズ 青・ブルー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
シャツは基本的にきれいめなアイテムなのですが、ウエスタンシャツ&シワ加工のシャツは無骨で男らしいアイテムに該当します。そのため足元はワークブーツ、エンジニアブーツ、マウンテンブーツ等が無骨っぽくて相性抜群です。ボトムスはカーゴパンツやダメージの入ったデニムが同じく男らしいアイテムで合わせやすいですが、あえてチノパンを合わせてもいいでしょう!
色については、青と紺の組み合わせは類系色でお互いに調和し合うので相性がいいです。

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース 青・ブルー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ダウンベストはいつものコーディネートの上から羽織るだけで簡単にオシャレになれるアイテム。ノースリーブな分やぼったくならないのも人気の秘密です。シャツ+カジュアルパンツ+スニーカーやブーツといったシャツルックのコーディネートに、上からダウンベストを重ねるだけで簡単に肌寒い日のオシャレさんになります。
色については、青系色と白であわせた爽やかなカラーコーディネートです。

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ, スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ, テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Small
G-Star Raw 青・ブルー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ライダースダブルの形のベストのため、インナーにシャツは持ってこれません。(えりがかさばるため。)したがってインナーはTシャツ(カットソー)になります。また、ライダースは無骨で男らしいアイテムですので、パンツも男らしいパンツで合わせます。 そもそもライダースのライダーとは、バイカー(バイク乗り)のことをさしていますので、ライダー=バイカーということで、バイカーブーツともよばれるエンジニアブーツで合わせます。
色については、ホワイトとブルーは相性が良い色の組み合わせであり、ブルーとこげ茶も相性が良い色の組み合わせのため、全体的にバランスのとれたカラーコーディネートになります。

青・ブルーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ, テーパード)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る