明るい青のデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デニムパンツ、ジーンズ、Gパンと色々な呼び方をします。デニムのブランドも数多くあり、男性の中でも人気の高いファッションアイテムです。だいたいどんな服とでも合わせられるこのジーンズですが、トップスにもデニムを持ってくるデニムonデニムは避けたほうがいいでしょう。コーディネートする際には、デニムとシャツが同色の場合オススメできません。ジーンズのコーディネートでは男らしく着こなしたり、カジュアルな着こなしなど様々な着こなし方が出来てとても重宝します。明るい青は爽やかな色です。色としては白やベージュと合わせるとその爽やかさを保ったまま爽やかなコーディネートが完成します。

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ティーケー 明るい青 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ドンキーコートは「可愛い」(少年っぽい)く見える効果があるアイテムのため、同じく可愛い属性のアイテムであるスニーカーと相性がいいアウターです。カジュアルに、ジーンズやチノパン、カットソーと合わせます。中にセーターやカーディガンを着ることで、暖かさを調整しつつ、コーディネートの色あいを豊かにできます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーと明るい青を引き立たせる効果があります。

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ビームス メン 明るい青 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
革素材のアイテムは男臭い・無骨系の雰囲気を出すアイテムです。ですから、同じように男臭い・無骨系のアイテムである胸元が開いたTシャツやタンクトップに、ジーンズ、そして靴はブーツで合わせるのが鉄板の男臭いコーディネートです。
色については、ブルーのパンツと茶色の靴はオシャレな色の組み合わせです。

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
マーダーライセンス 明るい青 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ドンキーコートは「可愛い」(少年っぽい)く見える効果があるアイテムのため、同じく可愛い属性のアイテムであるスニーカーと相性がいいアウターです。カジュアルに、ジーンズやチノパン、カットソーと合わせます。中にセーターやカーディガンを着ることで、暖かさを調整しつつ、コーディネートの色あいを豊かにできます。
色については、暖色の赤と寒色の薄いブルーというバランスのいい色の組み合わせを、無彩色で邪魔しないように抑えた配色です。

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード ホームステッド 明るい青 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
スタジャンは男らしいアイテムです。インナーに「(フードがついていることにより)可愛い」属性のパーカーを挟むことで、男らしさと可愛さのバランスがとれます。パーカーの下は胸元が見えるようにタンクトップかUネックやVネックのTシャツを。この肌着は3枚重ねになるため柄モノはしつこく、無地が1番スッキリ格好よくみえます。パンツはデニムかチノで合わせて、靴はパーカーの方を意識してスニーカーでカジュアルに行くか、アウターの単色スタジャンを意識してワークブーツで無骨に行くか、お好みの方を選択して下さい。
色については明るい青が差し色となりコーディネートに鮮やかさを足してくれます。パンツに明るい色をもってくることによって、よりおしゃれな印象になります。

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ, テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース 明るい青 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
シャツは基本的にきれいめなアイテムなのですが、ウエスタンシャツ&シワ加工のシャツは無骨で男らしいアイテムに該当します。そのため足元はワークブーツ、エンジニアブーツ、マウンテンブーツ等が無骨っぽくて相性抜群です。ボトムスはカーゴパンツやダメージの入ったデニムが同じく男らしいアイテムで合わせやすいですが、あえてチノパンを合わせてもいいでしょう!
色については白と明るい青などの明度が高い色に黒を追加することで、全体的にバランスのとれたカラーコーディネートになります。

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ, テーパード)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース 明るい青 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
スタジャンは男らしいアイテムです。インナーに「(フードがついていることにより)可愛い」属性のパーカーを挟むことで、男らしさと可愛さのバランスがとれます。パーカーの下は胸元が見えるようにタンクトップかUネックやVネックのTシャツを。この肌着は3枚重ねになるため柄モノはしつこく、無地が1番スッキリ格好よくみえます。パンツはデニムかチノで合わせて、靴はパーカーの方を意識してスニーカーでカジュアルに行くか、アウターの単色スタジャンを意識してワークブーツで無骨に行くか、お好みの方を選択して下さい。
エンジと明るい青は、濃さは違うものの、暖色と寒色の色合わせのためオシャレな色合わせです。この2色を中心にそえ、他をモノトーンで合わせています。

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ, スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Small
アーバンリサーチ ドアーズ 明るい青 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
半袖シャツといえば夏に大活躍するアイテムの一つ!ボトムスはフルレングスはもちろん、シャツが品の良さをキープしてくれるのでハーフパンツでも難なく着こなすことが出来ます。Tシャツ&ハーパンはラフ過ぎると感じる方には特にオススメ◎ 足元は夏らしく抜け感のあるシューズをチョイスしましょう。
色については赤と青が相性の良い組み合わせになります。

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ヴァンキッシュ 明るい青 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ラガーシャツといえば元々がラグビー選手のユニフォーム由来ということもあり、スポーティで少年ぽい印象になります。もっぱら春夏向けのアイテムで、ボトムスはハーフパンツを合わせるのが鉄板です!靴下ははかずに、デッキシューズ等、ローカットのカジュアルな靴と合わせます。ローファーを履けばプレッピーに着こなすことも出来ます!
色についてはパンツに明るい青をもってくることにより、おしゃれな印象になります。またブラックとブルーの相性がいいため、カラーコーディネート的にもバランスが非常に良くとれています。

明るい青のデニムパンツ・ジーンズ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る