紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デニムパンツ、ジーンズ、Gパンと色々な呼び方をします。デニムのブランドも数多くあり、男性の中でも人気の高いファッションアイテムです。だいたいどんな服とでも合わせられるこのジーンズですが、トップスにもデニムを持ってくるデニムonデニムは避けたほうがいいでしょう。コーディネートする際には、デニムとシャツが同色の場合オススメできません。ジーンズのコーディネートでは男らしく着こなしたり、カジュアルな着こなしなど様々な着こなし方が出来てとても重宝します。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード ホームステッド 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
半袖シャツといえば夏に大活躍するアイテムの一つ!ボトムスはフルレングスはもちろん、シャツが品の良さをキープしてくれるのでハーフパンツでも難なく着こなすことが出来ます。Tシャツ&ハーパンはラフ過ぎると感じる方には特にオススメ◎ 足元は夏らしく抜け感のあるシューズをチョイスしましょう。
ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
革素材のアイテムは男臭い・無骨系の雰囲気を出すアイテムです。ですから、同じように男臭い・無骨系のアイテムである胸元が開いたTシャツやタンクトップに、ジーンズ、そして靴はブーツで合わせるのが鉄板の男臭いコーディネートです。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, サルエル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
メルシーボークー、 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
半袖シャツといえば夏に大活躍するアイテムの一つ!ボトムスはフルレングスはもちろん、シャツが品の良さをキープしてくれるのでハーフパンツでも難なく着こなすことが出来ます。Tシャツ&ハーパンはラフ過ぎると感じる方には特にオススメ◎ 足元は夏らしく抜け感のあるシューズをチョイスしましょう。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, サルエル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(クロップド(半端丈), テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ザ・ダファー・オブ・セントジョージ 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
半袖シャツといえば夏に大活躍するアイテムの一つ!ボトムスはフルレングスはもちろん、シャツが品の良さをキープしてくれるのでハーフパンツでも難なく着こなすことが出来ます。Tシャツ&ハーパンはラフ過ぎると感じる方には特にオススメ◎ 足元は夏らしく抜け感のあるシューズをチョイスしましょう。
色については深緑と紺・ネイビーが相性が良い色の組み合わせです。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(クロップド(半端丈), テーパード)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
FACTOTUM(ファクトタム) 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
革素材のアイテムは男臭い・無骨系の雰囲気を出すアイテムです。ですから、同じように男臭い・無骨系のアイテムである胸元が開いたTシャツやタンクトップに、ジーンズ、そして靴はブーツで合わせるのが鉄板の男臭いコーディネートです。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
マーダーライセンス 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
革素材のアイテムは男臭い・無骨系の雰囲気を出すアイテムです。ですから、同じように男臭い・無骨系のアイテムである胸元が開いたTシャツやタンクトップに、ジーンズ、そして靴はブーツで合わせるのが鉄板の男臭いコーディネートです。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ)のメンズコーディネート・着こなし

Small
アズールバイマウジー 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
シャツは基本的にきれいめなアイテムなのですが、ウエスタンシャツ&シワ加工のシャツは無骨で男らしいアイテムに該当します。そのため足元はワークブーツ、エンジニアブーツ、マウンテンブーツ等が無骨っぽくて相性抜群です。ボトムスはカーゴパンツやダメージの入ったデニムが同じく男らしいアイテムで合わせやすいですが、あえてチノパンを合わせてもいいでしょう!
ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
STUDIOUS 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
革素材のアイテムは男臭い・無骨系の雰囲気を出すアイテムです。ですから、同じように男臭い・無骨系のアイテムである胸元が開いたTシャツやタンクトップに、ジーンズ、そして靴はブーツで合わせるのが鉄板の男臭いコーディネートです。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ, スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
FUJITO 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
Tシャツとハーフパンツを合わせた究極のシンプル&ラフスタイルです。ヘンリーネックやV、Uネックを選ぶと男らしくなります。丸首だと男らしさよりは、「無難・穏やか」な印象になります。無地のTシャツを使ったコーデは顔の濃い方やガタイがいい方向けです。そうではない方は、TシャツをボーダーやプリントTにすることでアクセントをつけるのが◎です!
色については、黄色とネイビーの組み合わせにブラックを取り入れることでとても相性のいいコーディネートになります。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(ハーフ(短パン), ダメージ)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
夏の無骨系、男くさい系スタイルです。シワ加工シャツ、ミリタリーシャツはどちらも「シワ加工」「ミリタリー」が無骨な要素のため、これと合わせてインナーはタンクトップやヘンリーネック、あるいは、UネックやVネックのTシャツと合わせます。パンツをハーフのデニムやチノパンに、靴をデッキシューズで合わせます。
色については、ブルー系の色でまとめた爽やかなカラーコーディネートです。

紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(ハーフ(短パン), ダメージ)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る