スウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スウェット素材のパンツです。ラフな合コン等、きっちりすぎる必要がない場でカジュアルなテーラードジャケットと合わせる等して、少しはずしたい時に使えます。メンズのスウェットパンツは徐々に定着しつつあるので、これからもっとおしゃれで新しいコーディネートが登場してくるでしょう。スウェットパンツは少し足の部分が大きくなりがちなので、大きめの靴であるブーツと合わせるのがバランスがいいシルエットになります。メンズコーディネートでこのパンツを着こなせたらカジュアルでかっこよくなります。

黒・ブラックのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe 黒・ブラック スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ネルシャツはフランネル素材というゆるい素材のアイテムですが、これにスウェットでパンツもゆるくあわせつつ、足元をブーツで引き締めるたコーディネートです。リラックスした雰囲気をかもし出します。とはいえ、ネルシャツはアメカジアイテムであり男らしいアイテムでもありますので、インナーは胸元が空いた無地のTシャツやリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップまたは無地のヘンリーネックTが相性がいい組み合わせになります。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

黒・ブラックのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

グレーのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe グレー スウェットパンツ
コーディネートのポイント
無地のジャケットに無地のTシャツを合わせると、柄が無い分落ち着いた男に見えます。そして下半身にスウェットパンツを履くことでさらに余裕がある雰囲気に。靴はブーツでワイルドに締めます。落ち着き+余裕+男らしさのある、女性から頼りがいのある男に見られやすいスタイルです。safari等、ハリウッドの俳優の私服紹介で出てくるスタイルです。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

グレーのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

白のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
ザ・ダファー・オブ・セントジョージ 白 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
スウェットパンツは、テーラードジャケットに合わせる事で、「気を使っているが、気合いを入れすぎていないオシャレ」を演出できます。目上の人がいない合コン等に最適です。(大人しめ、控えめな方は丸首TシャツでOKです)
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーと明るい青を引き立たせる効果があります。

白のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ワインレッドのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
ベースコントロール ワインレッド スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーとしてデニムシャツを着る、無骨めなダウンジャケットのスタイルです。パンツはスウェット、靴はブーツであわせ、余裕がある雰囲気とワイルドさを合わせもつ雰囲気に。このコーディネートにプラス、暗めでアウターと近い色のニット帽が合います。
全体的に彩度が低い色で統一された、お洒落なカラーコーディネートです。

ワインレッドのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

赤のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
ルコックスポルティフ 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
デニムシャツにスウェットパンツを合わせるスタイルです。デニムシャツのパリっとした固い素材感に対して、スウェットパンツを合わせることで一気にラフで余裕がある男の雰囲気に。足下はブーツにすることで固い素材でスウェットパンツをサンドイッチし、また、少しワイドになってしまうパンツに対するバランスとしても、形がスニーカーやその他の靴より大きめになるブーツがちょうど合います。男らしさと余裕が感じられるスタイルです。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

赤のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe 紺・ネイビー スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのカジュアルなスタイル。インナーにはTシャツ、パンツはスウェットパンツ、靴はブーツで合わせます。アウターがダウンジャケットで重いごわついたトップスになる分、パンツをゆるくスウェットにしてリラックスした雰囲気にすることで「余裕がある人に見える」効果があります。また、靴をワークブーツにして男らしい雰囲気をプラスすることで、防寒的にもシルエット的にもカッコいいダウンジャケットのスタイルになります。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

紺・ネイビーのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

うぐいす色のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
アップ スタート うぐいす色 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーとしてデニムシャツを着る、無骨めなダウンジャケットのスタイルです。パンツはスウェット、靴はブーツであわせ、余裕がある雰囲気とワイルドさを合わせもつ雰囲気に。このコーディネートにプラス、暗めでアウターと近い色のニット帽が合います。
色については、ネイビーとワインレッドは相性抜群の色の組み合わせです。 また、インナーやパンツも、アウターのネイビーや靴のワインレッド同様くすんだ色で合わせています。

うぐいす色のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

チャコールグレーのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe チャコールグレー スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ネルシャツはフランネル素材というゆるい素材のアイテムですが、これにスウェットでパンツもゆるくあわせつつ、足元をブーツで引き締めるたコーディネートです。リラックスした雰囲気をかもし出します。とはいえ、ネルシャツはアメカジアイテムであり男らしいアイテムでもありますので、インナーは胸元が空いた無地のTシャツやリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップまたは無地のヘンリーネックTが相性がいい組み合わせになります。
色についてはチャコールグレーと茶色の相性が良い組み合わせになります。

チャコールグレーのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

カーキのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
CAMBIO カーキ スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーとしてデニムシャツを着る、無骨めなダウンジャケットのスタイルです。パンツはスウェット、靴はブーツであわせ、余裕がある雰囲気とワイルドさを合わせもつ雰囲気に。このコーディネートにプラス、暗めでアウターと近い色のニット帽が合います。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)は相性抜群の色の組み合わせです。 また、インナーやパンツの色もネイビーやワインレッド同様くすんだ色で合わせています。

カーキのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

茶色のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
アルパインデザイン 茶色 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
デニムシャツをよりカジュアルに着こなしたコーデです。デニムシャツは男らしいワイルドなアイテムなので、同じく無骨なリブ付きのタンクトップをインナーにチョイス。ボトムスはスウェットパンツで少年ぽく、シューズはムートンブーツで可愛らしさを出すことでカジュアルと無骨とのギャップでお洒落感を演出しています。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。茶色を引き立たせる効果があります。

茶色のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ブルーグリーンのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
ザ ショップ ティーケー ブルーグリーン スウェットパンツ
コーディネートのポイント
スウェットパンツは、テーラードジャケットに合わせる事で、「気を使っているが、気合いを入れすぎていないオシャレ」を演出できます。目上の人がいない合コン等に最適です。(大人しめ、控えめな方は丸首TシャツでOKです)
ブルー系統の色とブルーグリーンを合わせたオシャレなカラーコーディネートです。足下はブルーと茶色が相性がいい色の合わせ方です。

ブルーグリーンのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

ベージュのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
atmos ベージュ スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

ベージュのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
ビームス メン 青・ブルー スウェットパンツ
コーディネートのポイント
無地のジャケットに無地のTシャツを合わせると、柄が無い分落ち着いた男に見えます。そして下半身にスウェットパンツを履くことでさらに余裕がある雰囲気に。靴はブーツでワイルドに締めます。落ち着き+余裕+男らしさのある、女性から頼りがいのある男に見られやすいスタイルです。safari等、ハリウッドの俳優の私服紹介で出てくるスタイルです。
色については、緑と青は相性のいい色の組み合わせです。

青・ブルーのスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

こげ茶のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
goa こげ茶 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのカジュアルなスタイル。インナーにはTシャツ、パンツはスウェットパンツ、靴はブーツで合わせます。アウターがダウンジャケットで重いごわついたトップスになる分、パンツをゆるくスウェットにしてリラックスした雰囲気にすることで「余裕がある人に見える」効果があります。また、靴をワークブーツにして男らしい雰囲気をプラスすることで、防寒的にもシルエット的にもカッコいいダウンジャケットのスタイルになります。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。アウターも含めて、くすんだトーンで統一されたカラーコーディネートです。

こげ茶のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

くすんだ緑のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Small
ワンデイケイエムシー くすんだ緑 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
完全なフルレングスではない少し肌が見える半端丈のスウェットパンツも最近の流行。シャツの中にカットソーやタンクトップ、足元はスリッポンやスニーカーで合わせ、暖かい季節の余裕がある男の出来上がりです。
色については、アウター、パンツ、靴をくすんだ色で統一していることで統一感があるオシャレな色の組み合わせに見えます。

くすんだ緑のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る