赤のエスパドリーユのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

エスパドリーユのコーデでは、色は主に白、ベージュ、茶色が多く、コーディネートの際は丈が短いパンツである短パンやクロップド(七部)パンツと合わせます。このシューズは夏用の、靴のソール(底)部分が縄で、生地が布の、デッキシューズやスリッポンの形の靴です。暑い季節にはスニーカーをはく人も多いと思われますが、エスパドリーユだと足元も涼しくなり、素足も見せれるので夏の着こなしにはぜひ合わせたい人気のメンズアイテムです。メンズコーデではぜひおさえておきたいアイテムの一つです。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のエスパドリーユのメンズコーディネート・着こなし

Small
BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS MENS (GOODS) 赤 エスパドリーユ
コーディネートのポイント
ラガーシャツといえば元々がラグビー選手のユニフォーム由来ということもあり、スポーティで少年ぽい印象になります。もっぱら春夏向けのアイテムで、ボトムスはハーフパンツを合わせるのが鉄板です!靴下ははかずに、デッキシューズ等、ローカットのカジュアルな靴と合わせます。ローファーを履けばプレッピーに着こなすことも出来ます!
色については白、青、赤の3色がバランスのとれたカラーコーディネートを作っています。ここで、パンツは青よりネイビーの方が多少暗めである分大人っぽくなります。

赤のエスパドリーユのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る