赤のエスパドリーユのメンズコーディネート・着こなし

エスパドリーユのコーデでは、色は主に白、ベージュ、茶色が多く、コーディネートの際は丈が短いパンツである短パンやクロップド(七部)パンツと合わせます。このシューズは夏用の、靴のソール(底)部分が縄で、生地が布の、デッキシューズやスリッポンの形の靴です。暑い季節にはスニーカーをはく人も多いと思われますが、エスパドリーユだと足元も涼しくなり、素足も見せれるので夏の着こなしにはぜひ合わせたい人気のメンズアイテムです。メンズコーデではぜひおさえておきたいアイテムの一つです。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

現在該当するコーディネートはございません。

その他の赤のエスパドリーユのコーディネートを探す方はこちら