茶色のモカシンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スリッポンの一種で、1枚の生地を縫い合わせて作っている民族系の靴です。民族系の柄が施されたアイテムと合います。ここで取り扱うのは典型的な「モカシン」で、茶色、黄土色をしていることが多いアイテムです。モカシン含めたサンダルのブランドで有名なのはミネトンカというところがおしゃれです。モカシンシューズはカウチンニットやネイティブジャケットなどのエスニック柄の服と良く合います。ボトムスは無地チノパンで合わせて柄×柄にならないように注意しましょう。男性のファッションには欠かせない靴です。茶色・ブラウンは落ち着いた色です。ネイビーと合わせるととてもオシャレになります。

ネイティブジャケットを使ったコーデ

Small
nano・universe 茶色 モカシン
コーディネートのポイント
民族模様のジャケット(ネイティブジャケット)は柄ものなので、インナーには無地のTシャツを合わせます。寒ければマフラーをしましょう。カジュアルアイテム同士で合わせます。(基本的にネイティブジャケットは暖色であることが多いのですが、その場合寒色であるブルーデニムは相性がいいアイテムです)
アウターのベージュとシューズの茶色は同じ茶色系の色同士で合う色です。また、ベージュは黒、白といった無彩色(モノトーン色)合わせるのが相性がいい色の組み合わせですので、インナーとパンツに黒とチャコールグレーを持ってきています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る