マウンテンブーツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

マウンテンブーツは、山登り用のごついブーツです。見た目はワークブーツにも似ていますが、よりごつい印象があるアイテムです。ワークブーツがひもを通す穴があいていて、穴にひもを通してしばっていくことが多いのに対し、マウンテンブーツは穴ではなく金属の輪がついていて、そこにひもを通したり、あるいはその金属部分にひもをひっかけてしばっていく場合がよく見受けられます。私服で履く場合、ごつい、男らしい印象を与えます。トレッキングシューズとしてもメンズに人気のおすすめのブーツです。

黒・ブラックのマウンテンブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
グラベラ 黒・ブラック マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
デニムベストを着用するため、パンツにはデニムは持って来れません。(上下同じ素材は格好悪いので絶対に避けるべきです。)また、デニムベストはデニム(無骨系)とベスト(品がいい)の属性が融合されていますが、今回はこのデニムの無骨系のほうをとり、パンツはカーゴパンツやチノパン、靴はワークブーツやマウンテンブーツ、エンジニアブーツで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。

黒・ブラックのマウンテンブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

チャコールグレーのマウンテンブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
ティーケー タケオキクチ チャコールグレー マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
モッズコート(M51ともいいます)のように丈が長いトップスは、スキニーパンツやテーパードパンツ等の細身のパンツと合わせると、Vラインのスタイルを作りバランスがとれます。また、スキニーのパンツと合わせると、雰囲気としてモードなテイストになります。モッズコートは男臭いアイテムでもあるので、ブーツと合わせるのが鉄板のコーディネートです。キーワードとしては、ヒゲ、黒のハット、タバコ、等が似合います。気だるい、かったるそうな雰囲気を醸し出します。
色についてはホワイトのアウターをメインに、モノトーンで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

チャコールグレーのマウンテンブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

茶色のマウンテンブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
グラベラ 茶色 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
モッズコート(M51ともいいます)のように丈が長いトップスは、クロップドパンツ等の、ハンパ丈のアイテムと合わせると長さのバランスがとれます。また、モッズコートは男臭いアイテムでもあるので、ブーツと合わせるのが鉄板のコーディネートです。キーワードとしては、ヒゲ、黒のハット、タバコ、等が似合います。気だるい、かったるそうな雰囲気を醸し出します。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

茶色のマウンテンブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

こげ茶のマウンテンブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
グラベラ こげ茶 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
色については、インナー〜パンツにかけて薄い色が続きますが、アウターと靴の両端で濃い、暗めの色で締めるカラーコーディネートです。

こげ茶のマウンテンブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る