サンダルのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

最近はスポーツサンダルといわれるサンダルもあります。夏のコーディネートには欠かせないアイテムです。必ず短パンと合わせましょう(合わせるパンツが短パン以外ですと、コーディネートとして少しダサくなります)。サンダルはカジュアルな印象にしてくれて、サンダルにくつ下をはこうとする人がいますが、やはりソックスははかずに素足でいた方がいいと思います。サンダルをはくメンズのコーデとしては無地の白Tシャツとネイビー・紺のハーフパンツのリラックススタイルがおすすめです。

黒・ブラックのサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
ビルケンシュトック 黒・ブラック サンダル
コーディネートのポイント
ポロシャツに合わせるコーディネートでパンツが柄でフルレングスですと、柄の表面積が大きくなってしまいますから、ハーフパンツで合わせるとスッキリします。ポロシャツが無地でなく少しでも柄が入っている場合において、ひとまずパンツも無地にしておけば無難です。靴はスニーカーか、かかとの高さが低い暖かい季節向けのシューズで合わせましょう。
色については、ブラックとホワイトによりモノトーンができあがり、モノトーンだけで合わせず有彩色であるネイビーを入れたカラーコーディネートです。

黒・ブラックのサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
ビルケンシュトック 白 サンダル
コーディネートのポイント
ポロシャツはシンプルな柄が多いため、総柄のポロシャツはそれだけでオシャレ要素の強いアイテムになります。ただ、もちろん柄のアイテムですから、上下が柄はNGです(見た目が柄だらけでごちゃごちゃになってしまうため)。 したがって、パンツは無地で合わせましょう。特にハーフパンツと合わせるとよりオシャレです。
色については、グレ—、ブルー、ホワイトと爽やかな印象を与える色の組み合わせです。

白のサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

茶色のサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
ビームス メン 茶色 サンダル
コーディネートのポイント
ポロシャツは長ズボンよりも短パンで合わせるのが、シンプルにカッコいいスタイルです。とりわけ今回は無地のポロシャツですので、長いパンツと合わせると平凡なスタイルになりがちです。ハーフパンツと合わせることでこなれたスタイルになります。また、靴もシーズンの靴をこだわって合わせています。
色については、茶色と黒は相性が良い色の組み合わせで大人っぽいカラーコーディネートになります。

茶色のサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
アイボリーコート 紺・ネイビー サンダル
コーディネートのポイント
無地のポロシャツに柄のパンツを合わせる、ちょっと可愛いコーディネートです。無地ポロシャツが一般的なよく見かけるアイテムである分、パンツも無地のフルレングスパンツで合わせると平凡な雰囲気になってしまいますので、パンツは柄モノにしたうえで、ポロシャツとの相性を考えてハーフ丈のパンツで合わせます。
色については赤とネイビーが相性の良い組み合わせになります。

紺・ネイビーのサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

赤のサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
アイボリーコート 赤 サンダル
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
ホワイトのアウターにレッドの靴を合わせた、「オシャレ好きな人」に見えるオシャレスタイルです。

赤のサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

チャコールグレーのサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
アメリカンラグシー チャコールグレー サンダル
コーディネートのポイント
無地のポロシャツに柄のパンツを合わせる、ちょっと可愛いコーディネートです。無地ポロシャツが一般的なよく見かけるアイテムである分、パンツも無地のフルレングスパンツで合わせると平凡な雰囲気になってしまいますので、パンツは柄モノにしたうえで、ポロシャツとの相性を考えてハーフ丈のパンツで合わせます。
色についてはブラック、チャコールグレー、ワインレッドと暗い色同士で合わせた統一感のあるオシャレなカラーコーディネートです。

チャコールグレーのサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

グレーのサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
ビルケンシュトック グレー サンダル
コーディネートのポイント
ポロシャツに合わせるコーディネートでパンツが柄でフルレングスですと、柄の表面積が大きくなってしまいますから、ハーフパンツで合わせるとスッキリします。ポロシャツが無地でなく少しでも柄が入っている場合において、ひとまずパンツも無地にしておけば無難です。靴はスニーカーか、かかとの高さが低い暖かい季節向けのシューズで合わせましょう。
ネイビー、ワインレッド、グレーなど明度や彩度が低い色を組み合わせることで大人っぽく落ち着いたカラーコーディネートになります。

グレーのサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

こげ茶のサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
ビルケンシュトック こげ茶 サンダル
コーディネートのポイント
ポロシャツは長ズボンよりも短パンで合わせるのが、シンプルにカッコいいスタイルです。とりわけ今回は無地のポロシャツですので、長いパンツと合わせると平凡なスタイルになりがちです。ハーフパンツと合わせることでこなれたスタイルになります。また、靴もシーズンの靴をこだわって合わせています。
色についてはブラックとベージュは相性がいいカラーコーディネートで、またベージュと茶色の組み合わせも良いため全体的にカラーコーディネートが整っているといえます。

こげ茶のサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
ビルケンシュトック ベージュ サンダル
コーディネートのポイント
アロハシャツは夏のアイテムで、夏のトップスには肌が露出するハーフパンツが似合います。デッキシューズやサンダル、エスパドリーユ、スリッポンも夏のアイテムですので、これらを組み合わせます。リネンシャツを前を開いて着る場合は、インナーにはタンクトップを着て男らしさを出しましょう。帽子をかぶることに抵抗が無い方は、白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
ホワイトのアウターにベージュのシューズを合わせた、ベージュのカラーコーディネートのルールを守ったオシャレな色の組み合わせです。

ベージュのサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

黄色・イエローのサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
アイボリーコート 黄色・イエロー サンダル
コーディネートのポイント
ポロシャツは長ズボンよりも短パンで合わせるのが、シンプルにカッコいいスタイルです。とりわけ今回は無地のポロシャツですので、長いパンツと合わせると平凡なスタイルになりがちです。ハーフパンツと合わせることでこなれたスタイルになります。また、靴もシーズンの靴をこだわって合わせています。
色については、ブルー系とイエロー系は相性がいい色の組み合わせです。

黄色・イエローのサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
BOYCOTT 青・ブルー サンダル
コーディネートのポイント
無地のポロシャツに柄のパンツを合わせる、ちょっと可愛いコーディネートです。無地ポロシャツが一般的なよく見かけるアイテムである分、パンツも無地のフルレングスパンツで合わせると平凡な雰囲気になってしまいますので、パンツは柄モノにしたうえで、ポロシャツとの相性を考えてハーフ丈のパンツで合わせます。
色については、青と紺の組み合わせは類系色でお互いに調和し合うので相性がいいです。色のバランスから、白のアウターが目立ちます。

青・ブルーのサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ワインレッドのサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
NICOLE CLUB FOR MEN ワインレッド サンダル
コーディネートのポイント
ポロシャツはシンプルな柄が多いため、総柄のポロシャツはそれだけでオシャレ要素の強いアイテムになります。ただ、もちろん柄のアイテムですから、上下が柄はNGです(見た目が柄だらけでごちゃごちゃになってしまうため)。 したがって、パンツは無地で合わせましょう。特にハーフパンツと合わせるとよりオシャレです。
色については、ネイビーのパンツとエンジ(ワインレッド)の靴はオシャレな色の組み合わせ方です。

ワインレッドのサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

カーキのサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード レリューム カーキ サンダル
コーディネートのポイント
ポロシャツに合わせるコーディネートでパンツが柄でフルレングスですと、柄の表面積が大きくなってしまいますから、ハーフパンツで合わせるとスッキリします。ポロシャツが無地でなく少しでも柄が入っている場合において、ひとまずパンツも無地にしておけば無難です。靴はスニーカーか、かかとの高さが低い暖かい季節向けのシューズで合わせましょう。
全体的に暗い色でトーンを合わせていて統一感のあるカラーコーディネートです。

カーキのサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
フォーワンセブン バイ エディフィス 明るい青 サンダル
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
色については、クリームイエローと明るい青は相性が良い色の組み合わせです。この2色を邪魔しないように、他の色を無彩色の白とグレーで合わせています。

明るい青のサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

うぐいす色のサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Small
RAGEBLUE うぐいす色 サンダル
コーディネートのポイント
柄物シャツを前開きで着る場合、インナーは無地が鉄則です。タンクトップやUネック、Vネックを合わせるとちょっと男らしい印象もプラスすることが出来ます。春夏向けのコーデなので、ボトムスはクロップドもしくはハーフパンツをチョイス。足元はサンダルやスリッポン、デッキシューズなどを履いて抜け感を演出しましょう!カジュアルなスニーカーでも可です。
色については、エンジのカラーパンツが目立つオシャレなカラーコーディネートです。

うぐいす色のサンダルのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る