ワークブーツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ワークブーツは紐で締め上げていく、レースアップブーツのことです。一般的に「ブーツ」と言った時にイメージされやすいシルエットをしています。はきぐちの高さはまちまちで、高いものも低めでもここのカテゴリーに入る可能性があります。メンズのブーツのブランドではティンバーランドのワークブーツが人気です。ワークブーツは年齢を上に見せる効果があり、悪っぽい感じと男臭さをより引き立たせることができます。着こなすときに、山本KIDさんや高橋克典さんのような無骨でワイルドな人にとくによく似合います。

茶色のワークブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
ニル アドミラリ 茶色 ワークブーツ
コーディネートのポイント
デッキジャケットは男らしい、無骨系アイテムであるミリタリーアイテムですので、パンツはデニム、靴はブーツと男らしいアイテムで合わせました。(デニムはチノでも問題ありません)ただ、それだけだと男臭さが強いので、優しい雰囲気を出すセーターやカーディガンや、品がいい印象を与えるベストを中にインするのも効果的です。靴はチャッカブーツだと多少キレイ目になり、ワークブーツだと男らしくなります。
色については、インナーの赤紫が目立つように、他の色をモノトーンや、見慣れていてなじむ色で合わせています。

茶色のワークブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

黒・ブラックのワークブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
ビームス メン 黒・ブラック ワークブーツ
コーディネートのポイント
暗目のスタジャンは、2色以上のカラフルな普通のスタジャンと違い、いわゆるスタジアムジャンパーというよりは、男らしいアイテムとなります。したがって、同じように無骨なアイテムと合わせます。とりわけ暗い色のスタジャンは男臭い人(ヒゲ、タバコ、オラオラ系等。ファッション誌「ROOD」のテイスト)に似合います。
色については、黒と白とベージュの3色は鉄板のオシャレな色の組み合わせ方です。

黒・ブラックのワークブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ワインレッドのワークブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
チャプターワールド ワインレッド ワークブーツ
コーディネートのポイント
デッキジャケットは男らしい、無骨系アイテムであるミリタリーアイテムですので、UネックやVネックのTシャツ、デニム、ブーツと男らしいアイテムで合わせました。また、とりわけデッキジャケットと黒、グレーのTシャツは似合う服の組み合わせです。パンツはチノパンで合わせるのもOKです。
全体的に、暗めのトーンで合わせた統一感があるオシャレなカラーコーディネートです。

ワインレッドのワークブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのワークブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
サンエーフットウェア 紺・ネイビー ワークブーツ
コーディネートのポイント
ボア付きのアウタージャケットとデニムシャツはどちらもアメカジテイストの、相性のいい服の組み合わせです。靴はアメカジテイストを引き継ぎワークブーツで合わせます。
色については、青とオレンジはオシャレな色の組み合わせです。

紺・ネイビーのワークブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのワークブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
パドローネ ベージュ ワークブーツ
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
色については、白で抜け感を出し、ベージュの靴で爽やかにまとめます。

ベージュのワークブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

チャコールグレーのワークブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
サンエーフットウェア チャコールグレー ワークブーツ
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
ネイビーとビビッドピンクは寒色と暖色の色の組み合わせなので相性がよく、またグレーとピンクも鉄板のお洒落な色の組み合わせなので、全体としてお洒落なカラーコーディネートといえます。

チャコールグレーのワークブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

こげ茶のワークブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
サンエーフットウェア こげ茶 ワークブーツ
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
色については、インナー〜パンツにかけて薄い色が続きますが、アウターと靴の両端で濃い、暗めの色で締めるカラーコーディネートです。

こげ茶のワークブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

カーキのワークブーツのメンズコーディネート・着こなし

Small
ツイン カーキ ワークブーツ
コーディネートのポイント
ジャケット+ニット+シャツという王道のキレイ目スタイルをパンツのデニムやチノパンといったカジュアルなパンツで崩し、靴も男らしい要素を持つブーツで合わせることでキレイさと男らしさを合わせ持つスタイルです。女性ウケが高い要素がありながら、どの年代でも着こなすことができるスタイルです。アウターかニットと近い色のネクタイを合わせると、よりオシャレに気を使っている人に見えます。
色の合わせ方については、無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)と有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

カーキのワークブーツのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る