紺・ネイビーのデニムシャツ(半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デニム素材のシャツです。色はネイビー、ブルー、グレー、ブラックが一般的です。ウエスタンシャツも、このデニムシャツであることが多いです。デニムシャツは無骨で男性らしいファッションに多いイメージですが、トップスやボトムスやボトムスによってカジュアルにもかわいくも着こなせるファッションアイテムです。少し濃いめのネイビーシャツを一枚でシンプルに着こなし、ボトムスにはダークブラウンや黒のチノパンなどがオシャレなコーディネートです。メンズのファッションにはぜひ着こなしたいアイテムです。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

無骨系シャツでつくる春夏のワイルドコーデ

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S 紺・ネイビー デニムシャツ
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツ、ミリタリーシャツ、デニムシャツ。これらはシャツでありながら品が良いというよりは無骨で男らしい印象の強いアイテムとして数えられます。そのためインナーにはリブ付きのタンクトップ、もしくは胸元が開いて男らしいVネックやUネックなどを合わせましょう。ネルシャツやシャンブレーシャツでも、さきほどの3つのシャツほどではないにしても、まっさらな普通のシャツよりは、これらのインナーが似合うタイプのシャツです。春夏のコーデなのでパンツはチノパンで爽やかに、シューズは軽いものをチョイスしました!
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツを使った春夏コーデ!

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S 紺・ネイビー デニムシャツ
コーディネートのポイント
デニムシャツという男らしい属性のアイテムをトップスにもってきつつ、下半身はチノパンと短靴で少し綺麗目に合わせているコーディネートです。デッキシューズやエスパドリーユ、スリッポンなどの抜け感のあるシューズを持って来てもいいかもしれません。前を開く場合はリブつきのタンクトップで(胸元が空いているため)男らしさをアピールできます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツを使った無骨カジュアルコーデ

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S 紺・ネイビー デニムシャツ
コーディネートのポイント
デニムシャツをよりカジュアルに着こなしたコーデです。デニムシャツは男らしいワイルドなアイテムなので、同じく無骨なリブ付きのタンクトップをインナーにチョイス。ボトムスはスウェットパンツで少年ぽく、シューズはムートンブーツで可愛らしさを出すことでカジュアルと無骨とのギャップでお洒落感を演出しています。
色については、ネイビーとグレーの2色で統一されたクールでレベルの高いカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

クロップドカーゴの無骨スタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S 紺・ネイビー デニムシャツ
コーディネートのポイント
クロップド(七分丈)のカーゴパンツは、無骨さと暖かい季節の短丈要素の両方が備わったアイテム。 同じく無骨なミリタリーシャツやデニムシャツと合わせつつ、インナーも無骨にタンクトップで合わせ、靴は短丈であることを生かしてサンダルで合わせると男らしさと暖かい日の抜け感の両方が備わった男らしい夏スタイルになります。
色については、ネイビーと茶色はオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る