グレーのジレ(ストライプ)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ジレ・ベスト・チョッキといった様々な呼び方がある、前ボタンで開くノースリーブのインナーです。夏にはシャツやTシャツの上にジレ1枚というコーディネートである意味アウターとして使用される場合もあります。メンズのみなさんが着こなす上で、本来ジャケットやアウターのインナーとして着ることの多いジレなのでもちろんスーツを着こなす際には相性がピッタリです。ジャケットとは別の色のベストを挟みコーディネートの外しとして使うことができます。アウターがベージュや白系の場合はインナーに強めの色を持ってくるととてもおしゃれです。グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

ジレを使った春夏コーデ

Small
ボイコット グレー ジレ
コーディネートのポイント
Tシャツにハーフパンツやクロップドパンツ、シューズはスリッポンorローファーという春夏のシンプルスタイルに物足りないなと感じたときなど、ジレをTシャツの上に合わせるだけで、ラフな印象を引き締めてお洒落な印象が増します。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ジレを使った春夏コーデ

Small
ボイコット グレー ジレ
コーディネートのポイント
ジレはTシャツの上に合わせるだけで、ラフな印象を引き締めることが出来ます!Tシャツにハーフパンツやクロップドパンツのような肌を露出するパンツか、フルレングスの丈の場合は足元をまくって、シューズはスリッポンorデッキシューズという春夏のシンプルスタイルに物足りないなと感じたときなど、足してみるとお洒落な印象が増します。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ジレ+シャツの気取ったスタイル

Small
ボイコット グレー ジレ
コーディネートのポイント
ジレ+シャツのコーディネートは、「キレイ目でオシャレ」な印象を与えます。ただ、ジレはそもそも防寒要素というよりは、ハットや小物同様、「わざわざ使うアイテム」ですから、身につけているだけで「オシャレが好きなひと・気取っている人」に見えます。ですから、例えば髪型が長髪だったり過度にワックスで髪を立たせたりしていると、ホストっぽく見えて一気にナルシストっぽく見えてしまうアイテムでもあります。
エンジ(ワインレッド)と茶色はどちらも赤色相の色であり、また「靴はパンツの色を濃くした色と合う」というルールもあるため、この赤色相を主役として他をモノトーンで邪魔させないスタイルです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

ジレシャツにジーンズのオシャレ男子スタイル

Small
ボイコット グレー ジレ
コーディネートのポイント
ジレにシャツを合わせてキレイめなトップスに対して、パンツはジーンズで男らしく合わせるのも良いコーディネートです。足元はトップスのテイストでキレイめにレザーシューズで合わせても良し、男らしさを増したければブーツで合わせても良しです。
色について。アウターのグレ—は無彩色のため、インナー以下を有彩色3色以内で抑えていて、下に行くに連れて色が暗くなる、収まりのいいカラーコーディネートです。トップスがグレ—、青と雲と空の色、パンツ、靴が大地の色を表しています。

春のメンズコーディネートをもっと見る