赤のジレのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ジレ・ベスト・チョッキといった様々な呼び方がある、前ボタンで開くノースリーブのインナーです。夏にはシャツやTシャツの上にジレ1枚というコーディネートである意味アウターとして使用される場合もあります。メンズのみなさんが着こなす上で、本来ジャケットやアウターのインナーとして着ることの多いジレなのでもちろんスーツを着こなす際には相性がピッタリです。ジャケットとは別の色のベストを挟みコーディネートの外しとして使うことができます。アウターがベージュや白系の場合はインナーに強めの色を持ってくるととてもおしゃれです。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

ジレを着た上品系スタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 ジレ
コーディネートのポイント
ジャケット+ジレ+シャツ+綿パン+短靴とキレイ目オンパレードで上品目に合わせたスタイルです。
色については、黒白のモノトーン色に、暖色の赤系統色である赤、茶色等を合わせたカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

コート+ジレスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 ジレ
コーディネートのポイント
キレイ目なコートにジレとシャツで合わせた冬場の上品なスタイルです。
色については、黒白のモノトーン色に、暖色の赤系統色である赤、茶色等を合わせたカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ジレ+シャツの気取ったスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 ジレ
コーディネートのポイント
ジレ+シャツのコーディネートは、「キレイ目でオシャレ」な印象を与えます。ただ、ジレはそもそも防寒要素というよりは、ハットや小物同様、「わざわざ使うアイテム」ですから、身につけているだけで「オシャレが好きなひと・気取っている人」に見えます。ですから、例えば髪型が長髪だったり過度にワックスで髪を立たせたりしていると、ホストっぽく見えて一気にナルシストっぽく見えてしまうアイテムでもあります。
アウターが鮮やかな色の場合、インナーは白か薄い色で合わせるのが鉄板の色使いです。また、暖色と寒色を合わせるのはオシャレな色使いなのですが、赤と青はそれぞれ暖色と寒色の代表的な色です。

春のメンズコーディネートをもっと見る

ジレシャツにジーンズのオシャレ男子スタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 ジレ
コーディネートのポイント
ジレにシャツを合わせてキレイめなトップスに対して、パンツはジーンズで男らしく合わせるのも良いコーディネートです。足元はトップスのテイストでキレイめにレザーシューズで合わせても良し、男らしさを増したければブーツで合わせても良しです。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る