ワインレッドのハーフジップスウェットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ハーフジップスウェットは、スウェットよりも胸元がひらく分多少男らしく見せれるメンズ向けアイテムですが、現代のオシャレシーンではなかなかかっこよくしづらく、着こなしづらいアイテムです。しいていえば40歳以上の男性にとりわけ合うアイテムです。ジップトレーナーはコットン素材のものが多く、生地に厚みがあります。服の合わせ方によってはおしゃれなコーディネートになりえます。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ワインレッドのハーフジップスウェット(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
Abercrombie & Fitch ワインレッド ハーフジップスウェット
コーディネートのポイント
ハーフジップスウェットは、インナーは無地のTシャツで合わせ、パンツはデニム、シューズはスニーカーかブーツで合わせるのがラフな王道コーディネートです。かっこいいコーディネート、というよりは、ハーフジップスウェットを使っておかしなコーディネートにしないとすればどうするか、という観点で合わせたコーディネートです。
色については、エンジ(ワインレッド)とネイビーは鉄板の色の組みあわせです。

ワインレッドのハーフジップスウェット(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る