黒・ブラックのハーフジップセーターのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ハーフジップセーターはジッパーを開いて中にシャツを合わせるのがちょうどいいアイテム。メンズファッションの中では大人っぽい人向け、若者よりは40代以上の大人に似合う秋冬用のカジュアルなアイテムです。ハーフジップのメンズセーターをどういう服とコーディネートしたらいいか、着こなしたらいいか分からない人も多いこのメンズアイテムをご紹介していきます。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

ハーフジップセーターの着こなし

Small
マンシングウェア 黒・ブラック ハーフジップセーター
コーディネートのポイント
まっさらな無地以外のハーフジップセーターを着こなす場合の提案です。ハーフジップセーターは流行からは外れているアイテムで1枚で着てもなかなか格好よくなりづらいアイテムですので、中に無地シャツを着て、上に無地ジャケットを羽織り重ね着します。パンツはカジュアルにデニム、靴はスニーカーで合わせました。ハーフジップセーターを使ったキレイ目とラフさを合わせ持ったコーディネートです。
色については、暖色のピンクと寒色のネイビーとでバランスをとり、色数を増やさないように残りのアイテムの色を無彩色で抑えています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ハーフジップセーターのシンプルキレイ目合わせ

Small
マンシングウェア 黒・ブラック ハーフジップセーター
コーディネートのポイント
ハーフジップセーターは流行からは外れているアイテムで1枚で着てもなかなか格好よくなりづらいアイテムですので、中に無地シャツを着て、上に無地ジャケットを羽織り重ね着します。パンツはカジュアルにデニム、靴はスニーカーで合わせました。ハーフジップセーターを使ったキレイ目とラフさを合わせ持ったコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ピンクとエンジを引き立たせる効果があります。

ハーフジップセーターのスラックス合わせ

Small
マンシングウェア 黒・ブラック ハーフジップセーター
コーディネートのポイント
ハーフジップセーターには中にシャツを着て、上にジャケットを羽織り、パンツはスラックスで合わせるのがキレイ目でオシャレな着こなしの1つです。正直、ハーフジップセーターは正直近年の流行からは外れているアイテムですので、格好よく着こなそうとする場合はこれ1枚で着ようとはせずに、このように重ね着することをオススメします。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ピンクとエンジを引き立たせる効果があります。

冬のハーフジップ・ハーフボタンニットのコーデ

Small
マンシングウェア 黒・ブラック ハーフジップセーター
コーディネートのポイント
ハーフジップセーター、ハーフボタンセーターをインナーに着たい場合のコーディネートですが、ニットの素材感とバッティングしないアウターということでダウンジャケットを選びます。パンツは上半身の柔らかい素材感に対してパリッとした無地のチノパンで合わせ、靴はカジュアルにローカットスニーカーで合わせましょう。
色については、アウターの黄色とパンツのネイビー、およびパンツのネイビーのと靴の茶色は相性がいい色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る