ワインレッドのインナーダウンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

2014秋冬に流行したインナーダウン。ダウンでありながらインナーに着るという新しい発想のアイテムです。登山などでも着ている人が多い防寒着としても着こなすことができます。インナーダウンはコーディネートのルールとして襟無しのノーカラーをきてインナーダウンをさりげなくみせることがおしゃれな着こなし方です。みなさんもメンズファッションのひとつにこのアイテムを取り入れておしゃれな男性としてのイメージを周囲に与えましょう。 ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ワインレッドのインナーダウン(そであり)のメンズコーディネート・着こなし

Small
Gypsy&sons ワインレッド インナーダウン
コーディネートのポイント
そでがあるインナーダウンの着こなしですが、インナーダウンはえりがなく首元がすっきりするため、タートルネックニットでバランスをとります。首元のスッキリ加減でもそうですし、素材感でもツルっとしたインナーダウンのの表面に対して、ニットでバランスをとっています。アウターはジャケットを合わせ、パンツはデニムかチノでカジュアルに。アウターに合わせて靴はキレイ目に短靴やスウェードのチャッカブーツで合わせて最後にもう1度品を漂わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ピンクとエンジを引き立たせる効果があります。

ワインレッドのインナーダウン(そであり)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る