ワインレッドのインナーダウン(そであり)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

2014秋冬に流行したインナーダウン。ダウンでありながらインナーに着るという新しい発想のアイテムです。登山などでも着ている人が多い防寒着としても着こなすことができます。インナーダウンはコーディネートのルールとして襟無しのノーカラーをきてインナーダウンをさりげなくみせることがおしゃれな着こなし方です。みなさんもメンズファッションのひとつにこのアイテムを取り入れておしゃれな男性としてのイメージを周囲に与えましょう。 ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

袖があるインナーダウンの着こなし

Small
Gypsy&sons ワインレッド インナーダウン
コーディネートのポイント
そでがあるインナーダウンの着こなしですが、インナーダウンはえりがなく首元がすっきりするため、タートルネックニットでバランスをとります。首元のスッキリ加減でもそうですし、素材感でもツルっとしたインナーダウンのの表面に対して、ニットでバランスをとっています。アウターはジャケットを合わせ、パンツはデニムかチノでカジュアルに。アウターに合わせて靴はキレイ目に短靴やスウェードのチャッカブーツで合わせて最後にもう1度品を漂わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ピンクとエンジを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

インナーダウンのオールキレイ目スタイル

Small
Gypsy&sons ワインレッド インナーダウン
コーディネートのポイント
昨今の秋冬流行アイテムの1つのインナーダウン。今回はそでがあるインナーダウンの着こなしですが、インナーダウンはえりがなく首元がすっきりするため、タートルネックセーターでバランスをとります。アウターはこれまた流行のチェスターコートと合わせ、パンツもスラックスかチノでキレイ目に。靴も短靴、チャッカブーツ、サイドゴアブーツ等で合わせ、キレイ目オンパレードのコーディネートの完成です。
色の合わせ方については、ワインレッド(エンジ色)を目立たせるために、他の色を無彩色にします。また、白のパンツは「自分に自信がある男」に見え、堂々として見えます。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾンのインナーダウン合わせ

Small
Gypsy&sons ワインレッド インナーダウン
コーディネートのポイント
アウターがレザーブルゾン1枚だと寒く、かといってごわつくアウターは着たくない。そんな時は中にインナーダウンを着ることで、外から見てシルエットは保ちつつも暖かいコーディネートになります。レザーを着る無骨なスタイルに合わせ、パンツはデニム、靴はブーツで男らしく合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジとピンクを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾンのインナーダウン合わせ

Small
Gypsy&sons ワインレッド インナーダウン
コーディネートのポイント
アウターがレザーブルゾン1枚だと寒いが、かといってごわつくアウターは着たくない。そんな時は中にインナーダウンを着ることで、外から見てシルエットは保ちつつも暖かいコーディネートになります。レザーを着る無骨なスタイルに合わせ、パンツはデニム、靴はスニーカーで合わせて無骨さとカジュアルさを合わせ持ったコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジとピンクを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾン+ハイネックスタイル

Small
Gypsy&sons ワインレッド インナーダウン
コーディネートのポイント
レザーブルゾンにインナーダウンとハイネックを合わせることで、暖かく、そしてレザーとニットの両使いで無骨さと優しさの両方をアピールできるコーディネートです。パンツはデニム、靴はスニーカーで合わせます。
色については、全体的に暗目のトーンで統一したコーディネートです。ネイビーとワインレッドは相性抜群の色のコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾンとウールパンツの冬スタイル

Small
Gypsy&sons ワインレッド インナーダウン
コーディネートのポイント
レザーブルゾンだけだと寒い季節に、インナーダウンとハイネックを合わせることで、暖かく、そしてレザーとニットの両使いで無骨さと優しさの両方をアピールできるコーディネートです。ウールパンツとブーツで合わせることでさらに冬らしさも加わったコーディネートになります。
色の合わせ方については、無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)と有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はワインレッド)を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

MA-1にインナーダウンのこなれスタイル

Small
Gypsy&sons ワインレッド インナーダウン
コーディネートのポイント
インナーダウンはえりが無いため、中にはえりがあるシャツを合わせるのは相性がいいコーディネートです。また、さらに上に着込むにあたり、形がシンプルなMA-1は合わせやすいアイテムです。パンツは綿パン、靴はスニーカーと合わせるれば、こなれたオシャレな冬のコーディネートの完成です。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジとピンクを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る