青・ブルーのリネンシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

長そでのリネンシャツについてです。長そでのリネンシャツは春夏の定番アイテムで、リネンがとても涼しい素材なので、長そでですが夏に着てても問題ありません。 コーディネートについてですが、基本的には長そでのリネンシャツに柄がある以上はインナーやパンツに柄は厳禁です。パンツや靴も相性がいいアイテムが多いですが、季節感のあるコーディネートでいくなら短パンやぺったんこの靴と合わせるのがベターです。青・ブルーは寒色の代表色で、暖色の代表色である赤・レッドと相性がいい色です。明るければ爽やかな、暗ければクールな印象を与えます。

メッシュスリッポンの夏スタイル

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 青・ブルー リネンシャツ
コーディネートのポイント
メッシュのスリッポンはメッシュがある分通常のスリッポンよりも夏に特化したアイテム。合わせる際はパンツは短丈が相性が良い組み合わせです。トップスは夏らしくリネンシャツで合わせましょう。
色については、白とチャコールグレーによりモノトーンができあがり、そこに相性のよいトーンのあったブルーを入れることによって、カラーバランスが整った印象になります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

デニムのフルレングスとリネンシャツ合わせ

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 青・ブルー リネンシャツ
コーディネートのポイント
夏にジーンズをはく場合はフルレングスパンツでも足元は必ずまくりましょう。2ロールぐらいまくると、とてもさわやかです。靴はレザーやスウェードのスリッポンやローファーといったオシャレな夏の靴で合わせるのがスタイリッシュな着こなしです。トップスはリネンシャツで夏らしく、インナーは無地で合わせています。
寒色の青と暖色のピンクはオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツのクロップドジーンズ合わせ

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 青・ブルー リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツにクロップド丈のデニムパンツ・ジーンズを合わせたコーディネートです。ひざ下〜足首より上の部分までのクロップド丈のジーンズとリネンシャツはどちらも夏のアイテムで相性が良く、夏らしさを印象づけます。靴は今回はローファーやレザー・スウェードのスリッポンといったきれい目な夏の靴で合わせています。
カラーコーディネートについては、ブルー系の色でまとめつつ足下を白で抜く爽やかなオシャレテクニックです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツのハーフジーンズ合わせ

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 青・ブルー リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツにハーフデニムパンツを合わせるスタイルです。リネンシャツは生地が薄く風通しがいいので、夏のアイテムとしてとくに重宝されます。このシャツの場合、パンツもフルレングスより短パンでコーディネートする方が合います。インナーは無地でシンプルに。靴はローファーやレザー・スウェードのスリッポンといったきれい目の夏靴で合わせています。
青と薄い黄色は相性がいい色の組み合わせです。白パンとあいまって、オシャレ好きな人に見えるカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

フルレングスパンツの夏の着こなし

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 青・ブルー リネンシャツ
コーディネートのポイント
トップスはリネンシャツでさわやかに、足元は夏らしくレザーやスウェードのスリッポン、およびローファーで合わせるとオシャレな着こなしになります。夏なのでフルレングスパンツでも足元は必ずまくりましょう。2ロールぐらいまくるといいでしょう。
色については、寒色である青のアウターに暖色のエンジ(ワインレッド)の靴を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツのシンプルコーディネート

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 青・ブルー リネンシャツ
コーディネートのポイント
夏のリネンシャツの着こなし方で、コーディネートとしてはシンプルです。リネンシャツの生地自体はうすく、夏にきるアイテムとしてはハーフパンツとの相性がいいです。靴はローファーやレザー、スウェードのスリッポンなどで合わせて全体のコーディネートを引き締めます。インナーは無地で合わせます。
色については、ブルー系統とモノトーンのみで合わせた爽やかなコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツと迷彩柄クロップドの着こなし

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 青・ブルー リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツと迷彩柄のクロップドを合わせたコーディネートです。リネンシャツは夏に合うアイテムで、パンツも七分丈で肌が露出するので夏らしいさわやかな雰囲気になります。足元はローファーやレザー・スウェード素材のスリッポンなどのオシャレで上品な靴で仕上げます。パンツが迷彩柄のため、インナーは無地で合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

総柄ハーフパンツとリネンシャツの夏スタイル

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 青・ブルー リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツは生地の素材が薄いので風通しも良く、夏にぴったりのアイテムです。今回は総柄のパンツと合わせますが、総柄パンツは見た目でインパクトがある分、デザインや素材がシンプルなリネンシャツとはバランスが取れて相性が良いですし、インナーも、パンツの総柄にたいして無地のTシャツやタンクトップで合わせます。靴はローファーや、レザーやスウェードのスリッポンをはいてオシャレにまとめましょう。
色については、ブルーとイエローはオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツとクロップドパンツの夏スタイル

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 青・ブルー リネンシャツ
コーディネートのポイント
リネンシャツは生地が薄く夏に向いているアイテムですので、パンツも肌を露出するパンツの方が合います。 クロップド丈という半端な長さのパンツの場合は、シャツのそで丈も半端な長さにしてしまうと上下半端な長さでおかしくなってしまいますので、このパンツを合わせる際はシャツは長袖か半袖どちらかにしましょう。シューズもローファーやレザー・スウェードスリッポンなどの夏らしくてオシャレな靴をはきましょう。
パンツが地味な色である分、上半身は青と白で鮮やかめに、シューズはアウターやパンツの色と相性がいい茶色で合わせています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無骨系シャツでつくる春夏のワイルドコーデ

Small
ジャーナルスタンダード トライセクト 青・ブルー リネンシャツ
コーディネートのポイント
シャツは基本的にきれいめなアイテムなのですが、ウエスタンシャツ&シワ加工のシャツは無骨で男らしいアイテムに該当します。そのため足元はワークブーツ、エンジニアブーツ、マウンテンブーツ等が無骨っぽくて相性抜群です。ボトムスはカーゴパンツやダメージの入ったデニムが同じく男らしいアイテムで合わせやすいですが、あえてチノパンを合わせてもいいでしょう!
色については青とオレンジは相性がいい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る