ワインレッドのミリタリーシャツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

肩にエポレット・肩章といった、ボタン止めがついていたり、軍隊のマークのワッペンがついていたりする、ミリタリーテイストのシャツです。主にオリーブ・カーキ・黒いものが多いです。ミリタリーファッションにあまり興味がなかった人にとっても、この系統のシャツは男らしく、カジュアルに着こなすことができるアイテムですので、おすすめです。コーディネートはボトムスをスキニーなどで合わせると外国人のモデルのようなおしゃれな着こなしができます。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ワインレッドのミリタリーシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
NICOLE CLUB FOR MEN ワインレッド ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

ワインレッドのミリタリーシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ワインレッドのミリタリーシャツ(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
Abercrombie & Fitch ワインレッド ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
夏の無骨系、男くさい系スタイルです。シワ加工シャツ、ミリタリーシャツはどちらも「シワ加工」「ミリタリー」が無骨な要素のため、これと合わせてインナーはタンクトップやヘンリーネック、あるいは、UネックやVネックのTシャツと合わせます。パンツをハーフのデニムやチノパンに、靴をデッキシューズで合わせます。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

ワインレッドのミリタリーシャツ(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る