赤のベストのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ベストのコーディネートです。重ね着することで服の主張が強くなり、全体の着こなしのオシャレ度合いが増します。ファッションする中で、メンズのベストはダウンベストやニットベストなどさまざまな種類があります。中でもスーツベストは、着こなしに高級感がプラスされ大人っぽい印象になります。カットソーとも相性抜群です。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

重ね着でオシャレに見せるスタイル

Small
KANGOL 赤 ベスト
コーディネートのポイント
ベストのスタンダードな着こなしです。インナーは重ね着する分、トップスの要素を増やしすぎないように中はシンプルに無地シャツを合わせ、パンツはデニムかチノパンで合わせることで品の良さとオフモードのカジュアルな雰囲気をミックスします。シューズはそのままカジュアルにスニーカーか、きれい目に合わせるなら短靴(レザーシューズ)で合わせます。
無彩色(黒、白、グレー)+赤の組み合わせです。赤と黒はオシャレな色使いです。インナーは白だとより元気がいいイメージを与え、このようにグレ—だと白よりは多少落ち着いた雰囲気に見えます。インナーの方がパンツより明るい色の方が収まりがいいコーディネートになります。

春のメンズコーディネートをもっと見る