グレーのウエスタンシャツ(半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

肩の生地が他の部分と違う、あるいは、肩部分にししゅうのあとがあるシャツです。ネルシャツのようなチェックがあるものや、あるいはデニムシャツとほとんど見分けがつかないようなデニム地のものもあります。その名の通りウエスタンということで、アメカジな雰囲気が漂うアイテムです。グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

無骨系シャツでつくる春夏のワイルドコーデ

Small
アズールバイマウジー グレー ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
無骨系ファッションを好むの男性向けのコーデです!いつものワイルド系シャツも七分丈にするだけで、ぐっと春夏らしく!長袖の場合は腕をまくり、胸元の空いたUネックカットソーをインナーに着て、パンツはチノパン、靴はエンジニアブーツを履けば春夏の男らしいスタイルが完成。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ウエスタンシャツとデニムのオール無骨コーデ

Small
アズールバイマウジー グレー ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツはアメカジテイストのアイテムのため、男らしいアイテムといえます。 そんな男らしいアメカジのウエスタンシャツには、胸元の開いたインナー、ジーンズ、重厚感のあるブーツ。と、アメカジテイストで合わせるのが統一感のあるコーディネートです。
色については、グレ—とピンクは相性がいい色の組み合わせです。また、パンツの青と靴の茶色も、茶色は赤系統の色のため、寒色と暖色で相性がいい色合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ウエスタンシャツとカーゴの男臭いスタイル

Small
アズールバイマウジー グレー ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツはアメカジアイテムです。アメカジは無骨、男臭い属性のスタイルため、同じく男臭いカーゴパンツとも相性がいいアイテムです。これらのアイテムに合わせ、インナーは胸元を開けて男の色気を出し、靴は重厚感のある男らしいブーツを合わせた、男らしいコーディネートの完成です。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ウエスタンシャツとスウェットのラフ無骨コーデ

Small
アズールバイマウジー グレー ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツとスウェットパンツのコーディネートです。 このコーディネートのポイントとしてはスウェットパンツとブーツを合わせているところです。スウェットパンツとブーツはシルエットとしても素材としても相性が良く、服の合わせ方をわかっている人という印象になります。 今回はこの印象を大切にしつつ、ウエスタンシャツに、胸元を露出したインナーを合わせたアメカジテイストなコーディネートにしてみました。
色については、グレーとピンクは相性のいい色の組み合わせ方です。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ウエスタンシャツを無骨に着こなす基本コーデ

Small
アズールバイマウジー グレー ウエスタンシャツ
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツを無骨に着こなすなら「まずこれ!」という見本のようなコーディネートです。 ウエスタンシャツ、胸元の開いたインナー、ボリュームのあるブーツこれらは全て無骨系アイテムの定番です。これらを全て取り入れることで、かなり男臭いコーディネートになります。 このコーディネートに飽きたり、男臭さが足りないと感じる方はカーゴパンツなどと合わせて、全身を無骨にしてもとてもかっこいいコーディネートになります。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る