赤のコートのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

寒い季節は1番外にコートを羽織ります。様々なコートがありますが、コートを着る時点で3つ以上重ね着していることになることも多いので、なるべく柄のないものがオススメです。男性がコートをカジュアルに着こなす場合のスタイルです。メンズがコーディネートする際は、インナーにニットを挟むと優しい雰囲気になるのでカーディガンを、そしてカーディガンはV字の谷を作るのでその下はUネックで合わせるのが「おしゃれな人」のTシャツの着こなしです。パンツはデニム、靴はスニーカーやブーツでカジュアルに合わせます。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のコートのメンズコーディネート・着こなし

Small
アメリカンラグシー 赤 コート
コーディネートのポイント
コートをカジュアルに着こなす場合のスタイルです。インナーにニットを挟むと優しい雰囲気になるのでカーディガンを、そしてカーディガンはV字の谷を作るのでその下はUネックで合わせるのが「わかっている人」のTシャツの合わせ方です。パンツはデニム、靴はスニーカーやブーツでカジュアルに合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。赤とエンジを引き立たせる効果があります。

赤のコートのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る