ワインレッドのコートのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

寒い季節は1番外にコートを羽織ります。様々なコートがありますが、コートを着る時点で3つ以上重ね着していることになることも多いので、なるべく柄のないものがオススメです。男性がコートをカジュアルに着こなす場合のスタイルです。メンズがコーディネートする際は、インナーにニットを挟むと優しい雰囲気になるのでカーディガンを、そしてカーディガンはV字の谷を作るのでその下はUネックで合わせるのが「おしゃれな人」のTシャツの着こなしです。パンツはデニム、靴はスニーカーやブーツでカジュアルに合わせます。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

コートのカジュアルスタイル

Small
アズールバイマウジー ワインレッド コート
コーディネートのポイント
コートをカジュアルに着こなす場合のスタイルです。インナーにニットを挟むと優しい雰囲気になるのでカーディガンを、そしてカーディガンはV字の谷を作るのでその下はUネックで合わせるのが「わかっている人」のTシャツの合わせ方です。パンツはデニム、靴はスニーカーやブーツでカジュアルに合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジと赤を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

コートのキレイ目スタイル

Small
アズールバイマウジー ワインレッド コート
コーディネートのポイント
秋冬のコートを着たキレイめスタイルです。 コートのインナーはニットとシャツで優しい雰囲気を出しつつキレイ目に、トップスに合わせパンツは綿パン、靴は短靴で合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジ、ピンクを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

コートのカジュアルスタイル

Small
アズールバイマウジー ワインレッド コート
コーディネートのポイント
コート+コーデュロイパンツという秋冬の季節感を生かしたスタイルです。インナーにニットを挟むと優しい雰囲気になるのでセーターを、そしてセーターの中は無地シャツを着ます。これで多少、品が良くなったトップスに合わせてパンツはコーデュロイパンツで合わせ、靴は短靴かチャッカブーツで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジ、ピンクを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る