黒・ブラックのカーゴパンツ(クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

カーゴパンツは、取り入れ方次第では男らしいスタイルを格上げしてくれる優秀なボトムスです。カーゴパンツを着こなしに取り入れる時の1番大事なポイントは『太さ』です。太ければ太いほど子供っぽいアイテムになり、細ければ細いほど無骨なアイテムになります。このポイントを抑えてカーゴパンツを取り入れたスタイルを紹介していきたいと思います。自分にあったカーゴパンツのコーディネートスタイルを確立しましょう。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

クロップドカーゴの無骨スタイル

Small
BOYCOTT 黒・ブラック カーゴパンツ
コーディネートのポイント
クロップド(七分丈)のカーゴパンツは、無骨さと暖かい季節の短丈要素の両方が備わったアイテム。 同じく無骨なミリタリーシャツやデニムシャツと合わせつつ、インナーも無骨にタンクトップで合わせ、靴は短丈であることを生かしてサンダルで合わせると男らしさと暖かい日の抜け感の両方が備わった男らしい夏スタイルになります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

クロップド丈カーゴの男らしい夏スタイル

Small
BOYCOTT 黒・ブラック カーゴパンツ
コーディネートのポイント
クロップド丈のカーゴパンツをリネンシャツと合わせるスタイルです。無骨・男らしいアイテムであるカーゴパンツに合わせて、リネンシャツのインナーはタンクトップや無地のTシャツで男らしく合わせます。クロップド(7分)丈の場合、上下ともにクロップド(7分)丈になるのはNGですので、今回の場合リネンシャツを七分袖で合わせるのは避けましょう。
色については、紫は暗めの無彩色(黒、グレー、チャコールグレー)が1番よく合う色のため、これらの色が使われたオシャレな配色です。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

7分丈カーゴの夏スタイル

Small
BOYCOTT 黒・ブラック カーゴパンツ
コーディネートのポイント
クロップド丈のカーゴパンツをリネンシャツと合わせるスタイルです。インナーはTシャツで靴はスニーカーやサンダルで合わせますが、クロップド丈の場合、上下ともにクロップド丈になるのはNGですので、今回の場合リネンシャツを七分袖と合わせるのは避けましょう。
色については、インナーから外に向けて暗くしていくと収まりがよくなります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る