ベージュのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, ダメージ, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デニムパンツ、ジーンズ、Gパンと色々な呼び方をします。デニムのブランドも数多くあり、男性の中でも人気の高いファッションアイテムです。だいたいどんな服とでも合わせられるこのジーンズですが、トップスにもデニムを持ってくるデニムonデニムは避けたほうがいいでしょう。コーディネートする際には、デニムとシャツが同色の場合オススメできません。ジーンズのコーディネートでは男らしく着こなしたり、カジュアルな着こなしなど様々な着こなし方が出来てとても重宝します。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

あのオシャレ親父も納得の外しテクニック

Small
G-Star Raw ベージュ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
LEONの表紙を飾り続けるオシャレ親父のジローラモ氏が好むコーディネートです。ジャケット+シャツとトップスをキレイ目に、パンツはデニムで合わせてからの、靴をラフなスタイルの代表アイテムであるスニーカーで合わせる「外し」のスタイルです。
色については、青と茶色は相性のいい色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴を同じ系統でより暗い色である茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

シャツジャケットにスニーカーの外しスタイル

Small
G-Star Raw ベージュ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
キレイ目コーディネートをスニーカーで外すスタイルです。ジャケット+シャツとトップスをキレイ目に、パンツはデニムで合わせてからの、靴をラフなスタイルの代表アイテムであるスニーカーで合わせて「外し」ます。ジローラモ氏が好んで着ます。外す勇気が持てない場合は、短靴やチャッカブーツ等で合わせましょう。
色については、青と茶色は相性のいい色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴を同じ系統でより暗い色である茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさ抜群のワイルドスタイル

Small
G-Star Raw ベージュ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
革素材のアイテムは男臭い・無骨系の雰囲気を出すアイテムです。ですから、同じように男臭い・無骨系のアイテムである胸元が開いたTシャツやタンクトップに、ジーンズ、そして靴はブーツで合わせるのが鉄板の男臭いコーディネートです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストとシャツのカジュアルスタイル

Small
G-Star Raw ベージュ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ダウンベストはいつものコーディネートの上から羽織るだけで簡単にオシャレになれるアイテム。ノースリーブな分やぼったくならないのも人気の秘密です。シャツ+カジュアルパンツ+スニーカーやブーツといったシャツルックのコーディネートに、上からダウンベストを重ねるだけで簡単に肌寒い日のオシャレさんになります。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

キレカジ男子のちょっと肌寒い日のスタイル

Small
G-Star Raw ベージュ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
キレイ目カジュアルが好きな男子の「シャツ」+「デニムやチノのカジュアルパンツ」+「キレイ目の短靴」のコーディネートに、上からダウンベストを羽織るだけで簡単オシャレ。ダウンベストはノースリーブな分見た目にもやぼったくならないのも人気の秘密です。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

N-3Bの男らしいコーデ(ももが太い人用)

Small
G-Star Raw ベージュ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
N-3Bは男らしい、無骨の属性を持つミリタリーアウター。したがって、インナーには同じく無骨系アイテムである胸元が空いたUネックのカットソーやデニム・チノといったカジュアルで素材が固めのパンツ、靴は男らしいエンジニアブーツと合わせます。季節が寒い時期のアイテムのため、男らしさをもとめつつ防寒効果で丸首Tシャツでも大丈夫です。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのキレイ目スタイル

Small
G-Star Raw ベージュ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
色については、黒白のモノトーン色に、暖色の赤系統色である赤、茶色等を合わせたカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

M65のキレイ目スタイル

Small
G-Star Raw ベージュ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
M65はミリタリーアウターの中でもゴツ目で、その分男らしいアイテムです。服の上下に2個ずつポケットがあるものが一般的です。この無骨さに対して、他をキレイ目な服で合わせることで、男臭さを消したキレイ目+無骨なスタイルが出来上がります。インナーにニットを入れることで優しい雰囲気を出すこともできます(この場合、無骨度と優しい雰囲気の度合いは7:3ぐらいです。)
色については、黒白のモノトーン色に、暖色の赤系統色である赤、茶色等を合わせたカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ライダースダブルの甘辛スタイル

Small
G-Star Raw ベージュ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
男らしさと可愛さを両方備えたコーディネートです。ダブルのライダースジャケットにはパーカーが似合うというルールがあります。ライダースジャケットは男臭いアイテムですが、パーカーはコーディネートに可愛いという属性がつくアイテムで、この2つがあることにより、男らしさと可愛さを併せ持つ演出が出来ます。さらに前開きパーカーの中にタンクトップ(=胸元が空いている)を入れる事で、アウターを脱いだ場合でも、パーカーの前のチャックをあけても男らしさを演出できます。
色については、黒白のモノトーン色に、暖色の赤系統色である赤、茶色等を合わせたカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

単色スタジャンのパーカー合わせスタイル

Small
G-Star Raw ベージュ デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
スタジャンは男らしいアイテムです。インナーに「(フードがついていることにより)可愛い」属性のパーカーを挟むことで、男らしさと可愛さのバランスがとれます。パーカーの下は胸元が見えるようにタンクトップかUネックやVネックのTシャツを。この肌着は3枚重ねになるため柄モノはしつこく、無地が1番スッキリ格好よくみえます。パンツはデニムかチノで合わせて、靴はパーカーの方を意識してスニーカーでカジュアルに行くか、アウターの単色スタジャンを意識してワークブーツで無骨に行くか、お好みの方を選択して下さい。
色については、黒白のモノトーン色に、暖色の赤系統色である赤、茶色等を合わせたカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る