こげ茶のスラックス(無地, クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツのパンツのような折り目が入っているパンツのことです。キレイ目、おしゃれで上品なパンツの代表格です。春夏秋冬通年で着こなしができるおしゃれアイテムで、メンズの間でもよくコーディネートではかれています。メンズファッションのコーディネートでは欠かせないパンツですね。コーデする際は、ノーカラーシャツなどのきれい目な要素があるアイテムと、レザーシューズや短靴と合わせるととてもよく似合い、おしゃれな着こなしになります。茶色よりも濃い・黒めな色が焦げ茶色です。茶色と同じくネイビー・紺色ととりわけ相性がいい色ですが、濃い分、ネイビーも濃いネイビーと合います。

襟なしストライプシャツを使ったコーデ

Small
tone こげ茶 スラックス
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、ノーカラー(襟無し)とはいえ、「シャツ」なので、品がいい、きれい目な要素があるアイテムです。したがって、暖かい季節に、アウターを着ず、スラックス、短靴と合わせてきれい目コーデとして着る事が出来ます。なお、アイテム自体がモード目のアイテムなので、そういったモード系が少しでも好きな性格でないと、抵抗があると思います。今回はストライプのものを想定していますが、ストライプは幅が狭いほどきれいめ、広いほど可愛いめな印象を与えると言われています。 
白、こげ茶、黒の組み合わせはアースカラーと呼ばれるもので、カラーコーディネート的に整った印象になります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーシャツをアウターとして着る場合

Small
tone こげ茶 スラックス
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、ノーカラー(襟無し)とはいえ、その名の通り「シャツ」なので、品がいい、きれい目コーディネートとはもともと相性がいいアイテムです。したがって、暖かい季節に、アウターを着ず、スラックス、短靴と合わせてきれい目コーデとして着る事が出来ます。なお、アイテム自体がモード目のアイテムなので、そういったモード系が少しでも好きな性格でないと、抵抗があると思います。
白、こげ茶、黒の組み合わせはアースカラーと呼ばれるもので、カラーコーディネート的に整った印象になります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

フェイクシャツのショーツ・短パンスタイル

Small
tone こげ茶 スラックス
コーディネートのポイント
フェイクシャツに短パンを合わせる夏のスタイルです。フェイクシャツも、短パンも若い雰囲気になるアイテムですので、この要素と合わせれば靴はスニーカーに。また、夏らしさ&短パンにより素足が露出することと相性が良い靴とし合わせるならデッキシューズで合わせましょう。
白、こげ茶、黒の組み合わせはアースカラーと呼ばれるもので、カラーコーディネート的に整った印象になります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る