赤のデッキシューズのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

夏に短パンと合わせることが多いのがこのデッキシューズです。くるぶしが見えるぐらいの、はき口が低い靴です。一般的に、ひもと生地の色が違うことが多く、また、ソール(底)部分が白いことが多いです。春・夏に向けておすすめなファッションアイテムであるデッキシューズ。マリンコーデが大ブームとなった頃から、メンズのシューズの中では鉄板のアイテムです。特徴としては、高さの低いローファーのようなシルエット、周りにレザーの紐が通されている、水をはじくようなソール、などが挙げられます。 赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のデッキシューズのメンズコーディネート・着こなし

Small
ツイン 赤 デッキシューズ
コーディネートのポイント
Tシャツとハーフパンツを合わせた究極のシンプル&ラフスタイルです。ヘンリーネックやV、Uネックを選ぶと男らしくなります。丸首だと男らしさよりは、「無難・穏やか」な印象になります。無地のTシャツを使ったコーデは顔の濃い方やガタイがいい方向けです。そうではない方は、TシャツをボーダーやプリントTにすることでアクセントをつけるのが◎です!
色については、寒色の青と暖色の赤はオシャレな色の組み合わせです。

赤のデッキシューズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る