ワインレッドのシャンブレーシャツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

シャンブレーシャツはぱっと見はデニムシャツのように見えますが、デ二ムよりも生地が薄いシャンブレーという生地のシャツです。男臭いメンズアイテムで、ワイルドで無骨系の男性が着るとよく似合いますが、他のメンズでももちろん着こなしができます。おしゃれなメンズコーディネートとしては、チノパン、Gパン、綿パンが一般的な着こなし方です。ただし、光沢感があるボトムスは合わないので、スラックスやウールパンツを合わせるのは止めておきましょう。 ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ワインレッドのシャンブレーシャツ(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
HIDEAWAYS ワインレッド シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
初めて見た人にはパッと見デニムシャツに見えるシャンブレーシャツ。このシャンブレーシャツの着こなしについてです。基本的に前は閉じることが多く、その場合パンツはチノパン、靴はスニーカーかデッキシューズが一般的です。フルレングス(短パンでもハンパ丈でもない足下までの長さ)のロングパンツにデッキシューズを合わせる場合、パンツの裾はまくりましょう。
全体的に暗い色でトーンを合わせていて統一感のあるカラーコーディネートです。

ワインレッドのシャンブレーシャツ(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ワインレッドのシャンブレーシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
エイチヴイシー ワインレッド シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

ワインレッドのシャンブレーシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る