ワインレッドのニットベスト(前閉じ)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

中学や高校で制服のシャツの上にきるような、前が開かないニットのベストです。メンズがベストを着るとシャツオンリーの場合より、コーディネート全体としてきちんとした品のいい印象になります。さらに、上手に着こなしができればおしゃれ感もグッと上がるアイテムです。秋冬にはぜひコーディネートして着こなしたいおすすめのアイテムです。コーディネートのコツとしては、 ベストを着るときにトップスはシャツ、ボトムスはデニムやチノパン、足元はスニーカーやスウェード靴でカジュアルに仕上げましょう。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ワインレッドのニットベスト(前閉じ)(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ラコステ ワインレッド ニットベスト(前閉じ)
コーディネートのポイント
ふちに線が入っているジャケットの「パイピングャケット」に、ニットのベスト(スクールベスト)、ローファー、短靴と、アメリカのいい大学の制服が元となっている、いいとこのおぼっちゃんスタイルといわれるプレッピースタイルです。 それぞれのアイテムが、プレッピースタイルのアイテムで、統一感があります。「可愛い」、及び「品がいい」という印象を与えるがつくコーディネートです。
エンジ色(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせです。また、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

ワインレッドのニットベスト(前閉じ)(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る