赤のシワ加工シャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

シャツをぎゅっとしぼって広げたように、全体にあえてシワをつけているシャツの事です。無骨なファッションに合います。夏にワイルドな路線でいきたい方はシワ加工シャツを着こなすと男らしくなります。このシャツと合わせてインナーはタンクトップやUネックやVネックのTシャツと合わせます。ボトムスはハーフのデニムやチノパンに、靴をデッキシューズで合わせます。夏のメンズのコーディネートでこの服にも是非トライしてみてください。 赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

safari風の春夏スタイル

Small
ヴァンキッシュ 赤 シワ加工シャツ
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
アウターが鮮やかな色の場合、インナーは白か薄い色で合わせるのが鉄板の色使いです。また、暖色と寒色を合わせるのはオシャレな色使いなのですが、赤と青はそれぞれ暖色と寒色の代表的な色です。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無骨系シャツでつくる春夏のワイルドコーデ

Small
ヴァンキッシュ 赤 シワ加工シャツ
コーディネートのポイント
シャツは基本的にきれいめなアイテムなのですが、ウエスタンシャツ&シワ加工のシャツは無骨で男らしいアイテムに該当します。そのため足元はワークブーツ、エンジニアブーツ、マウンテンブーツ等が無骨っぽくて相性抜群です。ボトムスはカーゴパンツやダメージの入ったデニムが同じく男らしいアイテムで合わせやすいですが、あえてチノパンを合わせてもいいでしょう!
色については、ホワイトとチャコールグレーによりモノトーンができあがり、そこに赤を入れることによって、カラーバランスが整った印象になります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

夏の無骨コーディネート

Small
ヴァンキッシュ 赤 シワ加工シャツ
コーディネートのポイント
夏の無骨系、男くさい系スタイルです。シワ加工シャツ、ミリタリーシャツはどちらも「シワ加工」「ミリタリー」が無骨な要素のため、これと合わせてインナーはタンクトップやヘンリーネック、あるいは、UネックやVネックのTシャツと合わせます。パンツをハーフのデニムやチノパンに、靴をデッキシューズで合わせます。
無彩色(黒、白、グレー)+赤の組み合わせです。赤と黒はオシャレな色使いです。インナーは白だとより元気がいいイメージを与え、このようにグレ—だと白よりは多少落ち着いた雰囲気に見えます。インナーの方がパンツより明るい色の方が収まりがいいコーディネートになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シワ加工シャツとデニムの全身無骨スタイル

Small
ヴァンキッシュ 赤 シワ加工シャツ
コーディネートのポイント
シワ加工シャツを中心に全身を男臭い、無骨なアイテムで揃えた、とても男らしいコーディネートです。 アウターは男らしいアイテムの定番であるシワ加工シャツ、胸元の開いたインナー、男のオーソドックスアイテムであるデニムパンツ、重厚感のあるブーツ。と、男らしいアイテムを「これでもかっ」というくらいに取り入れたオラオラ系ワイルドコーディネートです。
色については、インナーから外に向けて暗くしていくと収まりがよくなります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

男臭さ漂うシワ加工シャツとカーゴパンツ合わせ

Small
ヴァンキッシュ 赤 シワ加工シャツ
コーディネートのポイント
無骨系アイテムの定番であるシワ加工シャツとカーゴパンツを取り入れた男臭さプンプンの全身無骨スタイルです。 今回はこのシワ加工シャツとカーゴパンツに、インナーと靴で男臭さに追い打ちをかけます。 まず男らしく見せるための基本的なテクニックですが、インナーは胸元を露出しましょう。そして、靴は重厚感のあるブーツを合わせれば全身無骨でばっちり決まったコーディネートの完成です。
色については、赤と暗めの無彩色(モノトーン)だけでまとめたコーディネートです。とてもオシャレな色の組み合わせですが、オシャレ過ぎる、格好良すぎて親しみやすさがないともいえます。少し一般的にしたい場合は、インナーを白くするといいでしょう。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シワ加工シャツを無骨に着こなす定番コーデ

Small
ヴァンキッシュ 赤 シワ加工シャツ
コーディネートのポイント
シワ加工シャツを使った無骨なコーディネートの定番コーディネートです。 シワ加工シャツ、胸元の開いたインナー、ボリュームのあるブーツこれらは全て無骨系アイテムの定番です。これらを全て取り入れることで、かなり男臭いコーディネートになります。 このコーディネートに慣れてきて、さらに男臭さが足りないと感じる方はカーゴパンツなどで全身を無骨で固めるのも、かっこいいです。
アウターが鮮やかな色の場合、インナーは白か薄い色で合わせるのが鉄板の色使いです。また、暖色と寒色を合わせるのはオシャレな色使いなのですが、赤と青はそれぞれ暖色と寒色の代表的な色です。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シワ加工シャツとスウェットの無骨系ラフコーデ

Small
ヴァンキッシュ 赤 シワ加工シャツ
コーディネートのポイント
シワ加工シャツとスウェットパンツを合わせたコーディネートです。 スウェットパンツはそのゆるい素材感から、リラックスした雰囲気のアイテムです。今回はこのスウェットパンツを無骨系アイテムで合わせています。 上は無骨系アイテムの定番シワ加工シャツに胸元の開いたインナーを合わせ、靴は重厚感のあるブーツを合わせます。 また、スウェットパンツとブーツはシルエットや素材の観点からもとても相性が良く、服の合わせ方をわかっている人という印象にもなります。
赤とネイビーは、暖色と寒色の色の組み合わせのため、相性のいい色の組み合わせです。この2色以外を無彩色(モノトーンカラー)に抑えることでこの2色が引き立つカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る