マリンブルーの丸首Tシャツ(無地, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

Vネック、Uネックと違い、こちらは首回りの肌の露出を抑えています。性格が控えめな人はVネックやUネックよりこちらの方が落ち着くと思われます。また、35歳を越えてくると、VネックやUネックのように肌を露出するより丸首にして肌の露出を抑えたほうが落ち着いた大人に見えます(よほどワイルドな性格や見た目の人は違います)。コーディネートとしては丸首Tシャツとハーフパンツを合わせてシンプル&ラフスタイルで決めるといいです。メンズのコーディネートで、だれでも着こなしやすいおしゃれな組み合わせです。マリンブルーは地味な色である分、合わせる場合は明るめの色やはっきりした色で、色の相性が悪くない色がいいでしょう。具体的には白やクリームイエローなどがオススメです。

大人の落ち着いたジャケットスタイル

Small
JOURNAL STANDARD マリンブルー 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
40歳以上の大人の方、あるいは、性格的にワイルドやガツガツ前に行く方ではない、控えめだったり落ち着いている方の場合は、胸元を露出しない丸首Tシャツが似合います。 その上で、「可愛い」スタイルに見せたい場合はプリントTにするといいですし、そういった「可愛い」要素が入るのは嫌な場合は、シンプルに無地Tで合わせましょう。
色については、全体的に暗めに統一感があるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツを使った春夏コーデ!

Small
JOURNAL STANDARD マリンブルー 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
柄シャツを着る場合、インナー・ボトムスは無地が鉄則です!ボトムスはフルレングスでもいいですが、その場合ロールアップして春夏っぽい抜け感を出しましょう。とことん季節感を出すなら、やはりハーフパンツ!靴もエスパドリーユやスリッポンで素足感を出すと爽やかになります。
色については、白のパンツは自信がある男に見える効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベスト夏コーデ

Small
JOURNAL STANDARD マリンブルー 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
色については、靴がさし色になっていてオシャレに見えるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

柄物カーディガンを使った春夏コーデ

Small
JOURNAL STANDARD マリンブルー 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
アーガイルやストライプなどの柄ものカーディガンを着こなしたい場合、インナーは無地が鉄則です!ボトムスはデニム、もしくはチノなどをノーマルに合わせカーディガンを引き立てます。夏なのでハーフパンツやクロップドで抜け感を!フルレングスの場合はロールアップしましょう。
色については、靴がさし色になっていてオシャレに見えるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャツ合わせのコーデ

Small
JOURNAL STANDARD マリンブルー 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
暖かい季節にシャツをカジュアルに着こなすスタイルです。中にTシャツやタンクトップ、パンツはクロップドパンツで少し可愛く、靴は七分のクロップドパンツに合わせてハイカットのスニーカーで合わせるとバランスがいいコーディネートになります。
色については、靴の赤がさし色になっていることで、オシャレなカラーコーディネートになっています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無地シャツの春夏スタイル

Small
JOURNAL STANDARD マリンブルー 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
無地シャツを前開きで着る場合、インナーを柄物で合わせるとよりカジュアルになります!例えばボーダーやバイカラーのTシャツなど。もちろん無地Tでも全然ありです!春夏のコーデなので、ボトムスはフルレングスならロールアップ、もしくはハーフパンツをチョイスしましょう。そして、抜け感のあるシューズを合わせます。
色については、靴の赤がさし色になっていることで、オシャレなカラーコーディネートになっています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ナイロンブルゾンTシャツ合わせスタイル

Small
JOURNAL STANDARD マリンブルー 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンのインナーにTシャツを合わせるベーシックなパターン。 パンツはデニムorチノ、靴はスニーカーとシンプルですが、ナイロンブルゾンを私服として着る時点で、1つラン クが上のスタイルですので、他をシンプルにコーディネートしてもサイジング(サイズ感)がおかしくなければ、ファッションにこなれている余裕がある男性に見えます!
色については、靴の赤がさし色になっていることで、オシャレなカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

Tシャツ&ハーパンの究極の春夏シンプルコーデ

Small
JOURNAL STANDARD マリンブルー 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
Tシャツとハーフパンツを合わせた究極のシンプル&ラフスタイルです。ヘンリーネックやV、Uネックを選ぶと男らしくなります。丸首だと男らしさよりは、「無難・穏やか」な印象になります。無地のTシャツを使ったコーデは顔の濃い方やガタイがいい方向けです。そうではない方は、TシャツをボーダーやプリントTにすることでアクセントをつけるのが◎です!
色については、トップスとパンツの暗めの色の組み合わせを、白の靴でスッキリ抜きを作ってまとめたカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

Tシャツにメッシュスリッポンの夏スタイル

Small
JOURNAL STANDARD マリンブルー 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
夏にトップスを半袖Tシャツ1枚で済ませるときのスタイル。パンツは短パンのチノパンで、靴はメッシュのスリッポンを合わせることで夏らしいスタイルになります。
色については、トップスとパンツの重目の色を白シューズで抜け感を出してスッキリさせたカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

Tシャツ+スウェットパンツのラフスタイル

Small
JOURNAL STANDARD マリンブルー 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
海辺が似合う歩くラフなスタイル。Tシャツ+スウェットというゆるいラフさに合わせて足元もサンダルでラフに合わせます。
色については、トップスのくすんだ色を真っ白なパンツで一気に抜け感を出してバランスをとり、靴はトップスと同じくくすんだ色であるネイビーと合わせます。(緑と青が相性がいい色の組み合わせですから、それぞれ同じ系統の色でよりくすんだ色であるこのトップスとシューズの2色も相性がいい色の組み合わせです。)

夏のメンズコーディネートをもっと見る