ビビッドピンクの丸首Tシャツ(プリントあり, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

Vネック、Uネックと違い、こちらは首回りの肌の露出を抑えています。性格が控えめな人はVネックやUネックよりこちらの方が落ち着くと思われます。また、35歳を越えてくると、VネックやUネックのように肌を露出するより丸首にして肌の露出を抑えたほうが落ち着いた大人に見えます(よほどワイルドな性格や見た目の人は違います)。コーディネートとしては丸首Tシャツとハーフパンツを合わせてシンプル&ラフスタイルで決めるといいです。メンズのコーディネートで、だれでも着こなしやすいおしゃれな組み合わせです。メンズで鮮やかなビビッドピンクを使う人は「ファッション大好き」に見える効果があります。 理由としては、 1:色が男性よりも女性が好む色であること。 2:明るさも鮮やかさも高い色のため、一般的な日本人男性のマインドでは「目立つ・派手」と思い、使用することに抵抗がある色です。 このため、この色を使おうとする方は、その心理的抵抗を乗り越えてでも使いたいと思う、あるいはそこに心理的に抵抗を感じない方となり、こういった方はどんな色でも着ることができる方ですから、はたから見るとオシャレ・ファッションが好きな方に見えます。青やネイビーや紫、チャコールグレーと合わせるとオシャレです。

Tシャツ&ハーパンの究極の春夏シンプルコーデ

Small
ザ ショップ ティーケー ビビッドピンク 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
Tシャツとハーフパンツを合わせた究極のシンプル&ラフスタイルです。ヘンリーネックやV、Uネックを選ぶと男らしくなります。丸首だと男らしさよりは、「無難・穏やか」な印象になります。無地のTシャツを使ったコーデは顔の濃い方やガタイがいい方向けです。そうではない方は、TシャツをボーダーやプリントTにすることでアクセントをつけるのが◎です!
ビビッドピンクが強烈なため、他の色は主張しない色で合わせてこのアウターを目立たせるのがいいでしょう。というわけで上下のトップスとシューズはモノトーンで合わせます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ナイロンブルゾンの着こなし

Small
ザ ショップ ティーケー ビビッドピンク 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンは、そのナイロンという素材から、スポーティーでカジュアルなアイテムなので、靴はスニーカーで合わせます。また、カジュアルテイストで統一するため、インナーはTシャツ、パンツはデニムで合わせました。どちらかといえば男らしいテイストの人に合うコーディネートです。
色については、ピンクが派手なインナーのため、アウターは黒で合わせ、パンツ、靴は基本的な色のネイビー、茶色で合わせることで、コーディネート全体で色数は使っている物のインナーが主役として目立つコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベスト夏コーデ

Small
ザ ショップ ティーケー ビビッドピンク 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
色については、ピンクが派手なインナーのため、アウターは黒で合わせ、パンツ、靴は基本的な色のネイビー、茶色で合わせることで、コーディネート全体で色数は使っている物のインナーが主役として目立つコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

無地シャツの春夏スタイル

Small
ザ ショップ ティーケー ビビッドピンク 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
無地シャツを前開きで着る場合、インナーを柄物で合わせるとよりカジュアルになります!例えばボーダーやバイカラーのTシャツなど。もちろん無地Tでも全然ありです!春夏のコーデなので、ボトムスはフルレングスならロールアップ、もしくはハーフパンツをチョイスしましょう。そして、抜け感のあるシューズを合わせます。
色については、ピンクが派手なインナーのため、アウターは黒で合わせ、パンツ、靴は基本的な色のネイビー、茶色で合わせることで、コーディネート全体で色数は使っている物のインナーが主役として目立つコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

オーソドックスなジャケットスタイル

Small
ザ ショップ ティーケー ビビッドピンク 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
無地のジャケットにプリントTを合わせる基本のカジュアルコーディネートです。パンツはデニムかチノパン・綿パンと合わせ、靴はブーツで合わせます。丸首プリントTは、40歳以上、あるいは控えめな性格の方はとりわけ似合います。ジャケットのキレイ目、プリントの少し可愛い要素、ブーツの男らしさがバランスよくミックスされたコーディネートです。
色については、ピンクが派手なインナーのため、アウターは黒で合わせ、パンツ、靴は基本的な色のネイビー、茶色で合わせることで、コーディネート全体で色数は使っている物のインナーが主役として目立つコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

キレイ目寄りジャケットTシャツスタイル

Small
ザ ショップ ティーケー ビビッドピンク 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
無地のジャケットにプリントTを合わせる基本のカジュアルコーディネートです。パンツはデニムまたはチノパン・綿パンと、靴は短靴かサイドゴアブーツでキレイ目に合わせます。丸首プリントTは、年齢でいえば40歳以上、あるいは控えめな性格の方はとりわけ似合います。ジャケットと短靴(サイドゴアブーツ)でキレイ目に合わせつつ、インナーをプリントTで崩すスタイルで、カジュアルさとキレイ目さがミックスされています。IT系の多少ラフな私服が許される会社等でちょうどいいぐらいのコーディネートです。
色については、ピンクが派手なインナーのため、アウターは黒で合わせ、パンツ、靴は基本的な色のネイビー、茶色で合わせることで、コーディネート全体で色数は使っている物のインナーが主役として目立つコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾン(ジャンパー)カジュアルスタイル

Small
ザ ショップ ティーケー ビビッドピンク 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ブルゾンのインナーにプリントT、シューズはスニーカーで合わせる、ブルゾンをカジュアルで親しみがあるテイストで合わせた着こなしです。
色については、ピンクが派手なインナーのため、アウターは黒で合わせ、パンツ、靴は基本的な色のネイビー、茶色で合わせることで、コーディネート全体で色数は使っている物のインナーが主役として目立つコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スウィングトップ(ジャンパー)スタイル

Small
ザ ショップ ティーケー ビビッドピンク 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
スウィングトップのインナーはTシャツを合わせるのが鉄板のスタイル。カジュアルなアイテムなのでパンツもカジュアルにデニムかチノパン、靴はスニーカーと合わせましょう。
色については、ピンクが派手なインナーのため、アウターは黒で合わせ、パンツ、靴は基本的な色のネイビー、茶色で合わせることで、コーディネート全体で色数は使っている物のインナーが主役として目立つコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ナイロンブルゾンTシャツ合わせスタイル

Small
ザ ショップ ティーケー ビビッドピンク 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンのインナーにTシャツを合わせるベーシックなパターン。 パンツはデニムorチノ、靴はスニーカーとシンプルですが、ナイロンブルゾンを私服として着る時点で、1つラン クが上のスタイルですので、他をシンプルにコーディネートしてもサイジング(サイズ感)がおかしくなければ、ファッションにこなれている余裕がある男性に見えます!
色については、ピンクが派手なインナーのため、アウターは黒で合わせ、パンツ、靴は基本的な色のネイビー、茶色で合わせることで、コーディネート全体で色数は使っている物のインナーが主役として目立つコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

Tシャツ+スウェットパンツのラフスタイル

Small
ザ ショップ ティーケー ビビッドピンク 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
海辺が似合う歩くラフなスタイル。Tシャツ+スウェットというゆるいラフさに合わせて足元もサンダルでラフに合わせます。
色については、ピンクと青は暖色と寒色の色合わせのため相性がいい色の組み合わせであり、また、ピンクとパンツのグレーも相性がいい色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る