深緑のハーフジップスウェット(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ハーフジップスウェットは、スウェットよりも胸元がひらく分多少男らしく見せれるメンズ向けアイテムですが、現代のオシャレシーンではなかなかかっこよくしづらく、着こなしづらいアイテムです。しいていえば40歳以上の男性にとりわけ合うアイテムです。ジップトレーナーはコットン素材のものが多く、生地に厚みがあります。服の合わせ方によってはおしゃれなコーディネートになりえます。緑・グリーンは赤や黄色に比べると明度(色の明るさ)や彩度(色の鮮やかさ)が低い分、まだオシャレマインド、ファッション感度が高い方でなくても着れる色です。しかし、パンツ以外ですとなかなか抵抗がある方も多い色です。有彩色1色と無彩色1色で合わせるとオシャレですし、緑+無彩色2色で合わせるとより無難になります。

ハーフジップスウェットのコーディネート

Small
G-Star Raw 深緑 ハーフジップスウェット
コーディネートのポイント
ハーフジップスウェットは、インナーは無地のTシャツで合わせ、パンツはデニム、シューズはスニーカーかブーツで合わせるのがラフな王道コーディネートです。かっこいいコーディネート、というよりは、ハーフジップスウェットを使っておかしなコーディネートにしないとすればどうするか、という観点で合わせたコーディネートです。
色については、ブラックとグレーによりモノトーンができあがり、そこに深緑を入れることによって、カラーバランスが整った印象になります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る