赤のヘンリーネックTシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

丸首Tシャツのネック部分を、胸の辺まで開けてボタン止めにしています。胸元のボタンをあけることで、男らしく見える効果があります。普段着こなしているTシャツとはまた違う1枚で大人の印象を演出してくれるメンズ向けのファッションアイテム、ヘンリーネックTシャツ。男らしい印象を与えてくれるアイテムミリタリーのアウターや、レザーブルゾン(革ジャン)やデニムブルゾン(Gジャン)に合います。ワイルド、男らしい、無骨、といったコーディネートを好む人にとりわけ似合うおしゃれなアイテムです。 赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

Tシャツ&ハーパンの究極の春夏シンプルコーデ

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 ヘンリーネックTシャツ
コーディネートのポイント
Tシャツとハーフパンツを合わせた究極のシンプル&ラフスタイルです。ヘンリーネックやV、Uネックを選ぶと男らしくなります。丸首だと男らしさよりは、「無難・穏やか」な印象になります。無地のTシャツを使ったコーデは顔の濃い方やガタイがいい方向けです。そうではない方は、TシャツをボーダーやプリントTにすることでアクセントをつけるのが◎です!
色については赤とネイビーが相性の良い組み合わせになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツのコート合わせ

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 ヘンリーネックTシャツ
コーディネートのポイント
チェスターコートにジョガーパンツを合わせると、これもきれい目なアウターに対して多少リラックス感のあるパンツとの合わせが、コーディネートをあえて崩す効果があり、オシャレでこなれた雰囲気になります。インナーはジョガーパンツのカジュアルな雰囲気をTシャツに持ってきて、ヘンリーネックで少し男っぽい要素も入れつつ、チェスターコートのきれい目要素を拾ってシューズは短靴で合わせました。
色については、暖色の赤と寒色の青はオシャレな色の組み合わせです。また、青のパンツと茶色の靴も、茶色が赤系統の色のため、マッチする色合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る