グレーのフード付きTシャツ(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

フード付きTシャツは、カットソー素材のパーカーあるいは、Tシャツにフードがついている、といった形のアイテム。そもそもフードはファッションにおいて「可愛い」要素ですから、アイテム全体としても「可愛いアイテム」といえます。子供っぽく見えるアイテムであり、実際大人を対象として販売していることはあまりないため、着る際は子供っぽく見えるようになる前提で着ます。子供っぽさを生かすならデニムにスニーカーで合わせるのがいいでしょう。グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

フード付きTシャツの夏スタイル

Small
アメリカンラグシー グレー フード付きTシャツ
コーディネートのポイント
フード付きTシャツは、カットソー素材のパーカーあるいは、Tシャツにフードがついている、といった形のアイテム。そもそもフードはファッションにおいて「可愛い」要素ですから、アイテム全体としても「可愛いアイテム」といえます。子供っぽく見えるアイテムであり、実際大人を対象として販売していることはあまりないため、着る際は子供っぽく見えるようになる前提で着ます。子供っぽさを生かすなら丈が短いあるいはハンパな長さで足が露出するデニムorチノパンに、スニーカーで合わせるのがいいでしょう。
色については、エンジ(ワインレッド)のパンツが引き立ちます。靴はパンツの色と同じ赤系統の茶色で合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

フード付Tシャツのフルレングスパンツスタイル

Small
アメリカンラグシー グレー フード付きTシャツ
コーディネートのポイント
正直、短パン・クロップドパンツで合わせた方がいいスタイルではありますが、短いパンツは嫌だという方用のフルレングスパンツ+フードTシャツのスタイルはこちら。フード付きTシャツに、フルレングスパンツ、靴はフード付きTシャツのカジュアルさと合わせたスニーカーで合わせます。
色については、ネイビーのパンツとエンジ(ワインレッド)の靴はオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

フード付きTシャツのポピュラーな着こなし

Small
アメリカンラグシー グレー フード付きTシャツ
コーディネートのポイント
ジャケットと、フードがついたインナーは相性がいい組み合わせで、コーディネートに「キレイめ」と「(フードがあることによる)可愛い」の両方の要素を与えます。Tシャツ自体はそもそもカジュアルなアイテムですから、パンツはデニムでもチノパンでもOKで、カジュアル同士で合わせます。シューズはカジュアルに行くならスニーカーですが、スリッポンと合わせても、オシャレです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。茶色を引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る