黒・ブラックのニットパーカー(前開き)(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

2015年頃からとくに目にするようになってきたニットのパーカー。 ニットonニットになってしまうとよくないので、インナーは別素材の アイテムで合わせます。逆に上にダウンベストを羽織るのは相性が良い コーディネートになります。ニットの優しい雰囲気と、パーカーが持つ フードのかわいい雰囲気の両面を備えたアイテムです。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

ニットパーカーのカジュアルなスタイル

Small
SHIPS JET BLUE 黒・ブラック ニットパーカー(前開き)
コーディネートのポイント
ニットの前開きパーカーは、基本は通常のパーカーのコーディネートで大丈夫です。ただ、パーカー自体がニットのため、インナーはニット以外の素材で合わせるのが鉄板です。インナーは長そでのTシャツ、パンツはジーンズかチノパン、シューズはローカットスニーカーとシンプルに合わせています。パーカーはフード付きのアイテムのため、多少かわいく見える効果があるアイテムなのですが、さらに素材がニットのため、優しい印象が加わり、結果、スウェット素材の一般的なパーカーよりかわいく見える度合いも強まります。
シューズをパンツと同じ系統の色で、より濃い色にすると収まりがいいカラーコーディネートになります。今回のコーディネートでは、パンツのベージュと靴のこげ茶がその関係になります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

無地のニットパーカーの着こなし

Small
SHIPS JET BLUE 黒・ブラック ニットパーカー(前開き)
コーディネートのポイント
今回は無地のニットパーカーのコーディネート。ニットの前開きパーカーは、基本は通常のパーカーのコーディネートで大丈夫ですが、パーカー自体がニットのため、インナーはニット以外の素材で合わせるのが鉄板です。今回はインナーは長そでTシャツ、パンツはジーンズあるいはチノパン、シューズはローカットスニーカーとシンプルに合わせています。パーカーはフード付きのアイテムのため、多少かわいく見える効果があるアイテムなのですが、素材がニットですと優しい印象が加わり、よりかわいく見える度合いも強まります。
色については、シューズに赤を持ってくることで、差し色として1ポイント目立つ効果となり、全体的にぐっとオシャレなカラーコーディネートになります(靴をこのように鮮やかな色で外すことに抵抗がある場合は、茶色で合わせれば無難におさまります)

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ニットパーカーのダウンベストスタイル

Small
SHIPS JET BLUE 黒・ブラック ニットパーカー(前開き)
コーディネートのポイント
そもそもパーカーと(フードが無い)ダウンベストは相性がいいコーディネートですので、パーカーはニットパーカーであれ、ダウンベストと合わせるのは相性がいいコーディネートです。パンツはジーンズやチノパンで合わせ、靴はスニーカーかワークブーツで合わせましょう。
アウターのベージュとシューズの茶色は同じ茶色系の色同士で合う色です。また、ベージュは黒、白といった無彩色(モノトーン色)合わせるのが相性がいい色の組み合わせですので、インナーとパンツに黒とチャコールグレーを持ってきています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る