グレーのミリタリーシャツ(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

肩にエポレット・肩章といった、ボタン止めがついていたり、軍隊のマークのワッペンがついていたりする、ミリタリーテイストのシャツです。主にオリーブ・カーキ・黒いものが多いです。ミリタリーファッションにあまり興味がなかった人にとっても、この系統のシャツは男らしく、カジュアルに着こなすことができるアイテムですので、おすすめです。コーディネートはボトムスをスキニーなどで合わせると外国人のモデルのようなおしゃれな着こなしができます。グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

夏の無骨コーディネート

Small
アーバンリサーチドアーズ グレー ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
夏の無骨系、男くさい系スタイルです。シワ加工シャツ、ミリタリーシャツはどちらも「シワ加工」「ミリタリー」が無骨な要素のため、これと合わせてインナーはタンクトップやヘンリーネック、あるいは、UネックやVネックのTシャツと合わせます。パンツをハーフのデニムやチノパンに、靴をデッキシューズで合わせます。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

長袖ミリタリーシャツのカジュアルスタイル

Small
アーバンリサーチドアーズ グレー ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツはミリタリーアイテム=無骨系、男らしいアイテムのため、インナーには同じく男らしく胸元が空いた無地のUネックかVネックのTシャツかヘンリーネック、あるいはタンクトップを合わせます。今回は、トップスの無骨さでそのまま押し切らず、パンツはチノパン、靴はスニーカーとカジュアルに合わせた、無骨さとカジュアルさがミックスされた、無骨すぎないテイストのスタイルです。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

長そでミリタリーシャツの無骨スタイル

Small
アーバンリサーチドアーズ グレー ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツはその名の通りミリタリー=無骨のアイテムですから、インナーも無骨に無地で胸元が空いたUネックやVネックのTシャツ、あるいはリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップやヘンリーネックで合わせます。パンツはチノパンかデニムで合わせ、靴はトップスの属性を引き継ぎ無骨なブーツで合わせます。パンツはカーゴパンツでもいいのですが、ミリタリーシャツにポケットが3個以上ついている場合はポケットだらけになってしまうのでよくないのと、また服の上下が一緒になってしまう場合はもちろんカーゴパンツは避けましょう。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

タンクトップとハーフカーゴの男らしいスタイル

Small
アーバンリサーチドアーズ グレー ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
カーゴパンツは男らしいアイテムのためタンクトップやミリタリー要素は相性が良くいっぽうでハーフ(短丈)の要素は少年ぽさがあるためスニーカーと相性が良いです。したがってハーフパンツを履くような時期で男らしく行く時は、このように合わせるといいでしょう。
色については白と紺が相性の良い組み合わせになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーシャツにジーンズの無骨スタイル

Small
アーバンリサーチドアーズ グレー ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツにジーンズを合わせる男らしいコーディネートです。ミリタリーシャツもジーンズもどちらも無骨なアイテムですから、この2つは相性がよく、その無骨、男臭いアイテムつながりで靴もブーツにして男臭さを一層強くします。インナーはVネックやUネックTなどの胸元が空いたTシャツの方が男らしいので、これらおよびタンクトップ、そして無骨なTシャツであるヘンリーネックTシャツであればどれを合わせても構いません。
色については、グレーとピンクは相性のいい色の組み合わせ方です。この2色の配色を引き立たせるために、他の色は無彩色で抑えます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

男らしいオラオラ系軍モノコーディネート

Small
アーバンリサーチドアーズ グレー ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツにカーゴパンツを合わせる「ザ・無骨」なコーディネートです。ミリタリーシャツもカーゴパンツもどちらも無骨、男臭いアイテムですから、この2つは相性がよく、その無骨、男臭いアイテムつながりで靴もブーツにして男臭さを一層強くします。インナーはVネックやUネックTなどの胸元が空いたTシャツの方が男らしいので、これらおよびタンクトップ、そして無骨なTシャツであるヘンリーネックTシャツであればどれを合わせても構いません。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無骨さと柔らかさのミックスコーディネート

Small
アーバンリサーチドアーズ グレー ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツにスウェットパンツを合わせるコーディネートです。ミリタリーシャツの男臭い雰囲気に、リラックス感のあるスウェットパンツを合わせて、男らしさと接しやすい雰囲気を併せ持つコーディネートです。パンツが緩いスウェットのため、ボリューム的にも硬さ的にも引き締める意味合いと、トップスのミリタリーの男らしさと合わせて靴はブーツで合わせます。 インナーはミリタリーシャツに合わせて、男らしいTシャツであるVネック、Uネック、ヘンリーネックおよびタンクトップなどで合わせます。
アウターとパンツの色の関係性について。このコーディネートでアウターが黒でパンツがネイビーだとよく見るオーソドックスなカラーコーディネートになりますが、アウターがグレーで、黒よりも明るい色である分、パンツもネイビーより明るいブルーで合わせるのが統一感のある色の組み合わせになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーシャツの定番コーディネート

Small
アーバンリサーチドアーズ グレー ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツのスタンダードなコーディネートです。ミリタリーシャツはその名の通りミリタリー=軍隊=無骨、男らしい属性のアイテムですから男臭いアイテムつながりで靴もブーツにして男臭さを一層強くします。インナーはVネックやUネックTなどの胸元が空いたTシャツの方が男らしいので、これらおよびタンクトップ、そして無骨なTシャツであるヘンリーネックTシャツであればどれを合わせても構いません。
色については、グレーとピンクは相性がいい色の組み合わせです。この2色以外は無彩色で合わせ、この2色の色使いを引き立たせます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

総柄パンツを使った無骨系おしゃれスタイル

Small
アーバンリサーチドアーズ グレー ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツに総柄のチノパン・綿パンを合わせた、男らしさと「かわいい」要素を兼ね備えた欲張りコーディネートです。 総柄のような柄が激しいアイテムは、「かわいい」と言われる属性のアイテムです。総柄のような柄を着こなすコツは、柄同士が喧嘩しないように他のアイテムは無地で揃えるのが鉄則です。今回はさらに、それらの他のアイテムをミリタリーシャツ、胸元の空いたインナー、ゴツいブーツで合わせることで、総柄のかわいい属性に、男らしさも加わったコーディネートになっています。
色については白と紺が相性の良い組み合わせになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

チェックパンツと無骨アイテム合わせ

Small
アーバンリサーチドアーズ グレー ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
チェックのチノパン・綿パンをミリタリーシャツなどの男臭いアイテムで合わせています。チェックという、「かわいい」要素とミリタリーの男臭い要素が混ざったオシャレなコーディネートです。チェックのようなかわいい柄には無地のアイテムを合わせるのが基本です。この基本を守りつつ、今回は全体を男らしくするために、アウターは無骨系アイテムの定番のミリタリーシャツ、胸元が露出したインナー、靴はゴツめのブーツを合わせました。
色については紺・ネイビーとこげ茶の組み合わせが相性が良いです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る