水色の襟なしシャツ(ノーカラー)(無地, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

えりがないシャツのことです。モード系のファッションや、コーディネートの中にフォーマル要素もカジュアル要素も両方とりいれているようなファッションと似合います。ジャケットのようなフォーマルな服とニットキャップのようなカジュアルなアイテムを含んだメンズのコーデをした場合には、ノーカラーシャツをきることで服のバランスがとれておしゃれになります。夏の襟なしシャツの着こなし方は、スラックスや短靴などキレイ目のコーディネートで合わせてみてください。水色はオレンジと相性がいい色です。白と合わせて爽やかにしつつ、オレンジと合わせると華やかにになります。あとは、同じ青系統の色と合わせるのもありですし、薄い青、ととらえると対照的に薄い赤であるピンクとも相性がいい色です。

柔らかい優しい雰囲気のスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 水色 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
カーディガンとノーカラーシャツの組み合わせは、カーディガンが持つ柔らかい、優しい雰囲気に、ノーカラーシャツのオシャレへのこだわりがミックスされて「優しくてオシャレ」な雰囲気に。パンツもオーソドックスなデニムやチノパンで合わせ、靴はキレイめにレザーシューズやデザートブーツで合わせることで、優しくオシャレな印象はそのまま引き継がれたコーディネートになります。強面に見られる方が柔らかく見せたいときにはうってつけです。
色については、寒色のブルー系統色と暖色の赤は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーシャツのシンプルな着こなし

Small
ジャーナルスタンダード 水色 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
カーディガンの柔らかい、優しい雰囲気に、ノーカラーシャツのオシャレへのこだわりをミックスされた「優しくてオシャレ」な雰囲気を、パンツもオーソドックスなデニムやチノパンで合わせ、靴はキレイめにレザーシューズやデザートブーツで合わせたスタイル。強面に見られる方が柔らかく見せたいときにはうってつけです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ブルーグリーンと水色を引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る