赤のショールカラーセーター(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ショールカラーセーターは首回りがショールカラーになっているニット(セーター)です。セーターとしてインナーに着ることはもちろん、男性が1番外側に着ることも多いアイテムです。ショールカラーセーターのファッションは、えりもとがショールカラーのため品が良く紳士的に見え、そしてニットの暖かみ・優しさが伝わるメンズアイテムです。コーディネートとしては、トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はワークブーツで男らしく合わせると、ニットの優しい雰囲気とブーツの男らしさがちょうどいいバランスです。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

ショールカラーセーターの男らしいスタイル

Small
タケオキクチ 赤 ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ショールカラーセーターは、シンプルでありながら、えりもとがショールカラーのため品が良く紳士的に見え、そしてニットの暖かみ・優しさが伝わるいいこと尽くめのアイテムです。コーディネートとしては、トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はワークブーツで男らしく合わせると、ニットの優しい雰囲気とブーツの男らしさがちょうどいいバランスでミックスされます。
色については赤とネイビーが相性の良い組み合わせになります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬の休日のオシャレなパパ

Small
タケオキクチ 赤 ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ニットの暖かみ・優しさと、ショールカラーの品の良さを兼ね備えたアイテムであるショールカラーセーターのコーディネートです。トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はパンツのカジュアルさに合わせてスニーカーで合わせたるのが今回のスタイルです。秋冬の簡単なラフでオシャレなコーディネートです。イメージとしては、「秋冬の休日のオシャレなパパ」といったスタイルです。
色については、ホワイトとチャコールグレーによりモノトーンができあがり、そこに赤を入れることによって、カラーバランスが整った印象になります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーセーターとコーデュロイパンツ

Small
タケオキクチ 赤 ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
最近流行のショールカラーセーターのコーディネートです。ニットの暖かみ・優しさと、ショールカラーの品の良さを兼ね備えたショールカラーセーターに対して、季節感を合わせてパンツにはコーデュロイパンツを持ってきました。靴はトップス、パンツの品の良さと合わせて短靴やチャッカブーツで品良くまとめました。
色については赤と青が相性の良い組み合わせになります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベスト+ショールカラーセーター合わせ

Small
タケオキクチ 赤 ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ショールカラーセーターの上にダウンベストを羽織る、最近のスタイルです。ショールカラーセーター1枚よりも暖かくなるのはもちろん、ダウンベストのつるっとした表面とニットの柔らかい素材感が違うように、固い素材と柔らかい素材でバランスを取るのはコーディネートのテクニックの1つでもあります。
色については黒・赤・緑の相性の良い組み合わせになります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る