青・ブルーのシャツ(半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

半端そでのシャツの説明です。半端そでとは7分や9分などの中途半端な長さのそでを指します。 シャツに限った話ではないですが、半端そでのアイテムでは絶対に半端な丈のパンツを履かないようにしましょう。半端な袖丈のアイテムはそれだけで主張が強く、2箇所で使ってしまうと互いに主張しあい、バランスの悪いコーディネートになってしまいます。 このルールさえ気をつければ、半端そでのシャツは様々なアイテムと合わせやすく使い勝手の良いアイテムです。青・ブルーは寒色の代表色で、暖色の代表色である赤・レッドと相性がいい色です。明るければ爽やかな、暗ければクールな印象を与えます。

柄シャツを使った春夏コーデ!

Small
エディフィス 青・ブルー シャツ
コーディネートのポイント
柄シャツを着る場合、インナー・ボトムスは無地が鉄則です!ボトムスはフルレングスでもいいですが、その場合ロールアップして春夏っぽい抜け感を出しましょう。とことん季節感を出すなら、やはりハーフパンツ!靴もエスパドリーユやスリッポンで素足感を出すと爽やかになります。
色については、青と黄色系統の色はオシャレなカラーコーディネートで、完全に「オシャレ好き」に見える色の組み合わせ方です。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツを使った春夏コーデ!

Small
エディフィス 青・ブルー シャツ
コーディネートのポイント
柄物シャツを前開きで着る場合、インナーは無地が鉄則です。タンクトップやUネック、Vネックを合わせるとちょっと男らしい印象もプラスすることが出来ます。春夏向けのコーデなので、ボトムスはクロップドもしくはハーフパンツをチョイス。足元はサンダルやスリッポン、デッキシューズなどを履いて抜け感を演出しましょう!カジュアルなスニーカーでも可です。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャツをハーフデニムでカジュアル!

Small
エディフィス 青・ブルー シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については、寒色の青と暖色の赤は相性抜群のオシャレな色の組み合わせです。足元は白で合わせることでスッキリします。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

暖かい季節のオシャレ好き男子スタイル

Small
エディフィス 青・ブルー シャツ
コーディネートのポイント
柄シャツに無地のジレを合わせることで柄を抑えるのはオシャレな着こなしの1つ。キレイめなトップスに対して、パンツはジーンズで男らしく合わせるのも良いコーディネートです。足元はトップスのテイストでキレイめにレザーシューズで合わせても良し、男らしさを増したければブーツで合わせても良しです。
インナーのブルーが目立つように他の色を暗く落としたカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る