ビビッドピンクのシャツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

シャツだけではピンと来ない方は、「えりがついているシャツ」・「ワイシャツ」のことだと思ってください。メンズのファッションにおいて王道のこの服は秋冬ジャケットを羽織ったり、夏には白シャツとインナーを合わせて上品でさわやかな印象を与えます。柄もチェックやストライプなど幅広く、コーデも色々組み合わせることが出来ます。例えばあったかい時期はカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えますし、デニムや綿のハーフパンツを持ってくれば、リラックスな着こなしになります。シャツのメンズの着こなし方は必ず押さえましょう。メンズで鮮やかなビビッドピンクを使う人は「ファッション大好き」に見える効果があります。 理由としては、 1:色が男性よりも女性が好む色であること。 2:明るさも鮮やかさも高い色のため、一般的な日本人男性のマインドでは「目立つ・派手」と思い、使用することに抵抗がある色です。 このため、この色を使おうとする方は、その心理的抵抗を乗り越えてでも使いたいと思う、あるいはそこに心理的に抵抗を感じない方となり、こういった方はどんな色でも着ることができる方ですから、はたから見るとオシャレ・ファッションが好きな方に見えます。青やネイビーや紫、チャコールグレーと合わせるとオシャレです。

ビビッドピンクのシャツ(ギンガム(ブロック)チェック, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
トミーヒルフィガー メンズ ビビッドピンク シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
ビビッドピンクが強烈なため、他の色は主張しない色で合わせてこのアウターを目立たせるのがいいでしょう。というわけで上下のトップスとシューズはモノトーンで合わせます。

ビビッドピンクのシャツ(ギンガム(ブロック)チェック, 半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ビビッドピンクのシャツ(総柄, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
トルネードマート ビビッドピンク シャツ
コーディネートのポイント
ベストにシャツは似合う服の組み合わせです。暑い日のスタイルなので、リネンのベストで合わせています。ベストが無地なのでインナーのシャツは柄シャツでもOKです。また、パンツはハーフパンツやハンパ丈のパンツか、フルレングスのロングパンツの場合は裾をまくって合わせましょう。帽子をかぶることに抵抗が無い方はストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるとよりこじゃれた感じになります。
色については、ピンクが派手なインナーのため、アウターは黒で合わせ、パンツ、靴は基本的な色のネイビー、茶色で合わせることで、コーディネート全体で色数は使っている物のインナーが主役として目立つコーディネートです。

ビビッドピンクのシャツ(総柄, 半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る