ワインレッドのカジュアルジャケット(長そで, タータンチェック)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

長そでのカジュアルジャケットにタータンチェックを入れることで可愛い印象を与えることができます。 タータンチェックのカジュアルジャケットの合わせ方ですが、カジュアルジャケット以外を無地で合わせることで、タータンチェックを引き立たせるかっこいいコーディネートに仕上がります。 タータンチェックといえど柄は柄です。インナーやパンツに柄が入ってると、なんだか散らかった感じのコーディネートになってしまうので注意してください。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

かっちりとゆるめの間をとるノーカラーシャツ

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ひたすらキレイ目スタイル

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケット+シャツ+スラックス(カーゴスラックス)+キレイ目シューズとキレイ目オンパレードのとても品が良く見えるコーディネートです。気取りたい場合はハットやニットのネクタイをしてもオシャレです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬の柄ジャケットのオシャレスタイル

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットはその存在自体がオシャレなアイテムです。このアイテムを秋冬にキレイ目に合わせます。柄と柄を合わせるのはNGなので、インナーは無地のシャツを合わせます。今回はパンツにウールパンツ、コーデュロイパンツといった、少しもこもこした素材感のパンツを合わせることで寒い時期の季節感とマッチします。靴はジャケット+シャツのキレイ目に合わせて短靴やチャッカブーツで合わせるのがベストです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄のカジュアルジャケットのキレイ目スタイル

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のカジュアルジャケットの着こなしです。柄on柄はNGなので、インナーは無地の、そしてジャケットにと同じキレイ目属性のアイテムであるシャツで合わせます。柄のジャケットは柄がある時点でフォーマットよりはカジュアル目の雰囲気になるので、パンツはデニムでカジュアルにしても似合います。靴は、ジャケット+シャツのキレイ目要素で行くなら短靴やローファー、サイドゴアブーツやチャッカブーツといったキレイ目なブーツと合わせます。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのTシャツ合わせスタイル

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケットのインナーはシャツだとキレイ目に、Tシャツ(カットソー)を合わせればカジュアルになります。今回は、柄のジャケットにTシャツを合わせます。ジャケットに柄があるので、Tシャツは無地で合わせます(柄on柄はNGです)。性格的に明るく積極的な方は、胸元は空けた方がカッコイイため、VネックやUネックが1番格好よく見えます。(おとなしめ、控えめな方は丸首Tでも大丈夫ですが、外見上はVネックやUネックの方が格好いいです)パンツはデニムやチノで合わせ、靴はブーツと合わせて男らしい柄ジャケスタイルの完成です。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

チェックのジャケットのブーツスタイル

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
チェックは無地よりも可愛い印象を与える柄です。ジャケットなのでインナーにはシャツを合わせつつ、靴はチェックの可愛さに対して男らしいブーツを持ってくることで可愛さと男らしさを合わせ持つ印象のスタイルになります。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

チェックJKのスニーカースタイル

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
チェックという柄のジャケットなのでインナーにはシャツを合わせつつ、靴はチェックの可愛さを生かして同じく可愛い属性の靴であるスニーカーで合わせます。スニーカーを合わせること、ジャケット+シャツをカジュアルに崩す効果があります。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

綺麗めスリッポンスタイル

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットに、セーター+綿パンのキレイ目なコーディネートに、足下をカジュアルにスリッポンで合わせたスタイル。ジャケットの柄の可愛いさと、ニットの優しい雰囲気と、ジャケット&シャツ&綿パンの品の良さに、スリッポンのカジュアルさをミックスさせた、オシャレなコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジを引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのキレイ目スタイル

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
色については、アウターのエンジ(ワインレッド)とパンツのブルーグリーンは相性がいい、オシャレはカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

袖無しインナーダウンのキレイ目着こなし

Small
MONSIEUR NICOLE ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
インナーダウンの着こなし方のうちの1つ。今回は袖無しのインナーダウンをキレイ目で合わせています。ジャケット+インナーダウン+シャツ+スラックス+短靴と、キレイ目アイテムオンパレードで合わせました。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る