紺・ネイビーのカウチンニットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

トナカイや木、葉、幾何学模様等の柄が入っているニットのアウターのことです。カウチンニットは防寒や防水効果もあるのでメンズのファッションアイテムとしては便利です。カウチンセーターはカジュアルなコーディネートに組み合わせやすいですが、合わせるときにはベージュ系によく合う色を持ってくるとコーディネートがしやすいです。ベージュのニットはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせて着こなしても問題ありません。メンズのみなさんもぜひ挑戦してもらいたいおすすめアイテムです。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

カウチンニットとデニムの冬カジュアル

Small
オーシャンパシフィック 紺・ネイビー カウチンニット
コーディネートのポイント
カウチンニットにシャツを合わせるコーディネート。パンツにデニムを持ってくると、アウターとパンツのカジュアルさが際立つので、カジュアルな靴は色々と合わせやすくなります。スニーカーやブーツでもいいのですが、せっかくなので、この機会に普段使いづらいムートンブーツで合わせるのもアリです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさと優しさの両取りスタイル

Small
オーシャンパシフィック 紺・ネイビー カウチンニット
コーディネートのポイント
デニムシャツの無骨さと、カウチンニットの優しい雰囲気の両方が入っているコーディネートです。下は今回はデニムシャツの無骨さに揃えて、靴もワークブーツと無骨系アイテムで揃えています。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

カウチンニットのカジュアルスタイル

Small
オーシャンパシフィック 紺・ネイビー カウチンニット
コーディネートのポイント
カウチンニットのカジュアルな着こなしです。Tシャツ、デニム(チノ)、スニーカーと一般的なアイテムで合わせているので、誰にでも似合うコーディネートです。インナーは、男らしい性格の人、あるいは男らしく見せたい人はUネックTやVネックTで胸元を見せて、逆に控えめな性格の人は丸首Tで肌の露出はおさえましょう。カウチンニットに柄があるので、インナーのTシャツは無地で合わせましょう。なお、セットアップ(上下で1セットの服)でない限り、ニットのような柔らかい素材のアウターには、パンツは固めの素材で合わせます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

カウチンニットの無骨めスタイル

Small
オーシャンパシフィック 紺・ネイビー カウチンニット
コーディネートのポイント
カウチンニットの無骨めな着こなしです。インナーは無地のUかVネックのTシャツ、パンツはカーゴパンツ、靴も無骨目のブーツで合わせます。カウチンニットに柄があるので、インナーのTシャツは無地で合わせましょう。(そのことが無骨めになることにも繋がります。)なお、セットアップ(上下で1セットの服)でない限り、ニットのような柔らかい素材のアウターには、パンツは固めの素材で合わせますので、そもそもカーゴパンツはカウチンニットと相性がいいアイテムです。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせです。これに合わせてパンツも靴もくすんだトーンの暗めの茶色で合わせています。また、ネイビーと茶色も鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ポイントはカウチンニットとムートンブーツ

Small
オーシャンパシフィック 紺・ネイビー カウチンニット
コーディネートのポイント
カウチンニットにTシャツ、デニム、チノパンと合わせて、靴をムートンブーツで合わせるスタイルです。トップスと靴でボリューム感を持たせる分、パンツは細身で合わせます。このようにセットアップ(上下で1セットの服)でない限り、ニットのような柔らかい素材のアウターには、パンツは固めの素材で合わせます。
ネイビーと茶色は鉄板の色あわせです。インナーにクリームイエローを差し込み、よりオシャレな人に見えるカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

カウチンニットキレイ目スタイル

Small
オーシャンパシフィック 紺・ネイビー カウチンニット
コーディネートのポイント
カウチンニットにシャツをインして、パンツと靴もキレイ目に合わせるパターンです。品の良い、穏やかな人に似合う(あるいは、そう見られる)秋冬のコーディネートになります。表面がスウェードの靴はコーディネートに知的さとオシャレさをプラスします。
色については、ネイビーとグレーの2色で統一されたクールでレベルの高いカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ウエスタンシャツと無地ショールカラーニット

Small
オーシャンパシフィック 紺・ネイビー カウチンニット
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツを秋冬にインナーに着たい場合のスタイル。正直ウエスタンシャツはインナー使いすることはあまりお勧めしないのですが、(だいたいの場合、ウエスタンシャツでなく普通の無地シャツを合わせた方がいいコーディネートになりやすいため)どうしてもインナー使いでアウターになにか羽織りたい、という場合のコーディネートです。アメカジアイテムのため、ボア系アイテムがとりわけ相性がいいのですが、他に合わせる場合、ショールカラーカーディガンやカウチンニットと合わせるのもアリです。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)は鉄板の色の組み合わせですし、同じくネイビーと茶色も鉄板の色の組み合わせですから、コーディネート全体としてとてもオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る