青・ブルーのダウンジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ダウン(羽毛)が入っている、ごわごわした厚手のジャケットです。山登りやキャンプなどのアウトドア用に使われている場合もありますが、街でメンズがおしゃれなアイテムとして着ている人も多く、様々なデザインのジャケットがあります。 特徴として、ダウンジャケットは保温性に優れていて動きやすいのがポイントです。ただし、コーディネートの仕方を誤るとラフになりすぎておじさんのような印象にもなりかねませんので、着こなしの際は注意が必要です。おしゃれなコーディネートを実践するために、色別に合わせたコーディネートをまとめました。青・ブルーは寒色の代表色で、暖色の代表色である赤・レッドと相性がいい色です。明るければ爽やかな、暗ければクールな印象を与えます。

ダウンジャケットのオーソドックススタイル

Small
ユニオンステーション 青・ブルー ダウンジャケット
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーにTシャツを合わせてマフラーを巻き、パンツはジーンズやチノパンと、固めの素材で合わせるスタイルです。靴はスニーカーでもブーツでも問題ありません。
色については、青と黄色系統の色はオシャレなカラーコーディネートで、完全に「オシャレ好き」に見える色の組み合わせ方です。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

余裕がただようダウンジャケットスタイル

Small
ユニオンステーション 青・ブルー ダウンジャケット
コーディネートのポイント
ダウンジャケットにスウェットパンツを合わせ、靴にブーツを持ってくるスタイル。スウェットパンツで余裕がある雰囲気を出しつつ、足下をブーツにすることで締めます。スウェットパンツはシルエットとして緩く、少し足部分が大きくなりがちなので、大きめの靴であるブーツと合わせるのがバランスがいいシルエットになります。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬のダウンジャケットのゆるカジュアル

Small
ユニオンステーション 青・ブルー ダウンジャケット
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのカジュアルなスタイル。インナーにはTシャツ、パンツはスウェットパンツ、靴はブーツで合わせます。アウターがダウンジャケットで重いごわついたトップスになる分、パンツをゆるくスウェットにしてリラックスした雰囲気にすることで「余裕がある人に見える」効果があります。また、靴をワークブーツにして男らしい雰囲気をプラスすることで、防寒的にもシルエット的にもカッコいいダウンジャケットのスタイルになります。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンジャケットのニット合わせスタイル

Small
ユニオンステーション 青・ブルー ダウンジャケット
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーにニットを合わせ、素材感の違う2つのトップスで素材感のバランスをとり、パンツはデニムやチノ、靴はスニーカーと下半身はラフに合わせたスタイルです。服の合わせ方自体は一般的な分、服自体のデザイン性や品質、色の合わせ方で差をつけたいコーディネートです。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンジャケットにデニムシャツをイン

Small
ユニオンステーション 青・ブルー ダウンジャケット
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーとしてデニムシャツを着る、無骨めなダウンジャケットのスタイルです。パンツはスウェット、靴はブーツであわせ、余裕がある雰囲気とワイルドさを合わせもつ雰囲気に。このコーディネートにプラス、暗めでアウターと近い色のニット帽が合います。
色については、ブルーのアウターに白のインナーと爽やかなカラーコーディネートです。靴の茶色もブルーのアウターと相性がいい色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンジャケットのデニムシャツスタイル

Small
ユニオンステーション 青・ブルー ダウンジャケット
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーとしてデニムシャツを着る、無骨めなダウンジャケットのスタイルです。パンツはチノ、靴はブーツであわせワイルドで男らしい雰囲気に。暗めでアウターと近い色のニット帽をかぶると、よりオシャレなコーディネートになります。
色については、ブルーのアウターに白のインナーと爽やかなカラーコーディネートです。靴の茶色もブルーのアウターと相性がいい色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンジャケットのスウェット合わせ

Small
ユニオンステーション 青・ブルー ダウンジャケット
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーにスウェットを合わせた冬のシンプル暖かいスタイル。パンツはジーンズ、靴はローカットスニーカーで合わせます。上半身が重めなので、パンツはテーパードで合わせるとバランスがとれて、全体として使っているアイテム自体は一般的でも、カッコ良いコーディネートになります。あまり奇抜なスタイルを好まない方にオススメです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

冬のハーフジップ・ハーフボタンニットのコーデ

Small
ユニオンステーション 青・ブルー ダウンジャケット
コーディネートのポイント
ハーフジップセーター、ハーフボタンセーターをインナーに着たい場合のコーディネートですが、ニットの素材感とバッティングしないアウターということでダウンジャケットを選びます。パンツは上半身の柔らかい素材感に対してパリッとした無地のチノパンで合わせ、靴はカジュアルにローカットスニーカーで合わせましょう。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーシャツのダウン合わせ

Small
ユニオンステーション 青・ブルー ダウンジャケット
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツをインナーに着る場合、ミリタリーシャツに合わせて全体的に無骨めなコーディネートにしたいところ。アウターは無骨なアイテムではないですが、無属性のダウンジャケットであれば、合わせても問題ありません。パンツはチノパン、シューズはワークブーツで合わせましょう。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

シャンブレーシャツを春夏以外に着る場合

Small
ユニオンステーション 青・ブルー ダウンジャケット
コーディネートのポイント
シャンブレーシャツはそもそも春夏に着るのが通常のアイテムですが、これをあえて他の季節に着るとした場合のコーディネートです。アウターは、「組み合わせとして、というよりもともかく寒いから着る」という理由で着られやすいダウンジャケットならば、合わせててもおかしくありません。パンツはチノパン、靴は男らしくブーツで合わせるとシャンブレーシャツを使った格好いい寒い季節のコーディネートになります。
緑と茶色はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせです。また、アウターの青とパンツの緑、及びアウターの青と靴の茶色もオシャレな色あわせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る