赤のダウンジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ダウン(羽毛)が入っている、ごわごわした厚手のジャケットです。山登りやキャンプなどのアウトドア用に使われている場合もありますが、街でメンズがおしゃれなアイテムとして着ている人も多く、様々なデザインのジャケットがあります。 特徴として、ダウンジャケットは保温性に優れていて動きやすいのがポイントです。ただし、コーディネートの仕方を誤るとラフになりすぎておじさんのような印象にもなりかねませんので、着こなしの際は注意が必要です。おしゃれなコーディネートを実践するために、色別に合わせたコーディネートをまとめました。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のダウンジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
ブルートルネード 赤 ダウンジャケット
コーディネートのポイント
ダウンジャケットにスウェットパンツを合わせ、靴にブーツを持ってくるスタイル。スウェットパンツで余裕がある雰囲気を出しつつ、足下をブーツにすることで締めます。スウェットパンツはシルエットとして緩く、少し足部分が大きくなりがちなので、大きめの靴であるブーツと合わせるのがバランスがいいシルエットになります。
色については、赤と黒は格好よく見える色の組み合わせ方です。また、全体的にも、モノトーン(白黒グレ—)+有彩色1色でまとめていると、とても収まりがいい色の合わせ方になります。赤で目立つトップスをパンツと靴を黒くすることで抑えています。

赤のダウンジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る