ワインレッドのダウンジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ダウン(羽毛)が入っている、ごわごわした厚手のジャケットです。山登りやキャンプなどのアウトドア用に使われている場合もありますが、街でメンズがおしゃれなアイテムとして着ている人も多く、様々なデザインのジャケットがあります。 特徴として、ダウンジャケットは保温性に優れていて動きやすいのがポイントです。ただし、コーディネートの仕方を誤るとラフになりすぎておじさんのような印象にもなりかねませんので、着こなしの際は注意が必要です。おしゃれなコーディネートを実践するために、色別に合わせたコーディネートをまとめました。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ワインレッドのダウンジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
ザ ショップ ティーケー ワインレッド ダウンジャケット
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーにニットを合わせ、素材感の違う2つのトップスで素材感のバランスをとり、パンツはデニムやチノ、靴はスニーカーと下半身はラフに合わせたスタイルです。服の合わせ方自体は一般的な分、服自体のデザイン性や品質、色の合わせ方で差をつけたいコーディネートです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

ワインレッドのダウンジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る